文化

アメリカのプールには障害者用のリフトがある

09/13/2016

別の記事で「アメリカは世界一のバリア フリー先進国」についてお話しした通り、アメリカでは障害があっても快適な生活を送ることができるよう、政府が法律で障害者を保護しています

1 1

今宿泊しているホテルに小さなプールがあります。

夕方涼しくなると、BBQグリルでお肉を焼いている人がいたり、プールサードで本を読んでいる人がいたり、ここは割と混み合っています。

s__6955136

 

客室係の「ハウスキーパー」が部屋の掃除をしてくれている間、プールサイドでブログのアップをしていると、これが目につきました。

s__6955138

障害者用の「プールリフト」です。



プールリフトは、障害者がプールに出入りする際に、プールサイドでこのいすに乗り、障害者本人にもサポートする人にも負担なくプールの利用を可能にするものです。

screen-shot-2016-09-18-at-3-48-38-am

 

ジャグジー専用のリフトもありました!

screen-shot-2016-09-18-at-3-48-54-am

 

以前、別のホテルでリフトを利用している人を見たことがありますが、操作は簡単そうでした




日本では、2016年4月1日から、「障害者差別解消法」が施行されました。

それにより、国・都道府県・市町村は、障害者に対し、障害のない人と同じサービスや便益を提供することが初めて「義務」として求められることになったそうです。

つまり、日本の市営プールなどは、プールリフトを導入しているのかな?

 

日本もアメリカのように、障害を持っている人の生活がより良くなることを願います。障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

1 1

-文化

Copyright©   Amazing Moments of Life , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.