駐妻が年収560万円に挑戦する理由と夫が10年で5千万円を貯めた話

駐在妻としてマイアミに移住して1年が経ちました。

現在、マーケティング会社の契約社員として働いています。(Lビザで渡航する場合EAD取得で就労が可能)

業務の期日さえ守れば、勤務日や時間帯は自分で決めることができます。私は通信制大学の学生ですが、試験や課題で多忙な時期に仕事量を調整することが出来ますし、一時帰国などの理由で1ヶ月の長期休暇を取得することも可能です。

英語はそこそこ、スペイン語はゼロ、大した資格がない私にとっては、マイアミでこれ以上条件のいい仕事は他にないと思っています。

駐妻がアメリカで働いているだけで日本人はほめてくれますが、アメリカで私の評価は決していいとは言えません。

(日系企業の駐妻の皆さんは数年後には帰国することが前提なので専業主婦でも何の問題もありません。)

 

アメリカ永住を予定している私たち夫婦ですが、この1年で多くを学び、新たな目標ができました。

私個人としては、駐在員基準ではなく、現地人の平均以上の基準で認められるように、まずは収入の大幅アップに挑戦したいと思います。

今日は「駐妻がアメリカでガッツリ稼ぎたいと思うようになった理由」を紹介します。

 

 

 

駐妻が年収$50K(560万円)に挑戦する理由

 

10年で5千万円を貯めた夫

夫は義父母の事業失敗で、電気を止められたこともあるほどの超極貧生活を幼少期から10年ほど経験しました。1日1食という日もあったそうです。

大学卒業後は、看護師といくつものアルバイトを掛け持ち、なんと、10年間で約5千万円を貯め、姉弟の学費と親の借金の一部を返済しています。もちろん健全な仕事のみで!

私と出会うまでは恋愛すらせず、タバコやお酒も未経験、早く両親を楽にさせてあげたいと年間の休みは1日〜5日しか取らなかったようです。スニーカーの底に穴があいていることに気付く余裕すらなかったほど、死ぬ物狂いで働いてきた、まさに仏のような人です。

今はお金に困ることはありません。それでも、夫がアメリカで大学院に通い始めてから節約を意識する生活が始まりました。夫にとっては、またお金の心配が始まってしまったわけです。

夫ばかり必死に働き、私が楽をしていてはバチが当たるような気がしてなりません。

私ががっつり稼ぎたいと思った一番の理由は、夫の負担を減らしてあげたいと思ったからです。

夫には言っていませんが、2018年3月からの一年間で、アメリカの平均年収を超える$50k($50,000)、日本円で560万円以上を稼いでみせる!と目標高く頑張っています。

 

 

アメリカでの妻自慢

私がアメリカで一番苦手な時間….夫の同僚との食事会です。

アメリカでは配偶者の自慢がすごいのです。特に日本と違うと感じるのは、妻を自慢して褒めまくること。食事会では、誰の妻が一番優秀かを競い合っているかのように、仕事のこと学歴のこと、あらゆる面で妻を自慢し合っています。

日系企業の駐妻は専業主婦でも全く問題はないと思いますが、私がいる環境では状況が違います。子供がいないのに専業主婦ということは、アメリカで働く能力や資格がないと判断されてしまいます。

 

 

低いクレジットスコアによる社会的信用度の低さ

夫は自動車免許を取得する時間すら取れず、仕方なく、一足先にフロリダの免許を取得した私の名義で車を購入しようと考えていました。

アメリカでは個人の社会的信用度を示すクレジットヒストリーというものがあります。クレジットのポイントを貯めて信用度を上げるために、車は現金一括ではなく、わざわざ利子を払ってリースまたは購入するのが一般的だそうです。毎月支払いをしっかりする事でクレジットスコアを上げることができ、将来マイホームなどの大きな買い物をした時に安い利子でお金を銀行から借りることができるというわけです。

私は、移住後しばらくして仕事に就いたので、クレジットカードの申請がすぐには通らず、クレジットスコアがほとんどありません。

クレジットスコアがないと金銭面で社会的な信用が低いと判断されるので、車を売れないと言われてしまいました。昨年は5カ月しか働いていないため、年収が少なすぎたことも要因のようです。

別のディーラーでは、お金を貸してくれる銀行をみつけてくれましたが、11.3%という信じられないほどの高い利子を提示してきました。

ローンで車を購入することはクレジットポイントを一気に貯める絶好のチャンスなので、銀行のアドバイスもあり夫の名義で購入する事にしました。

 

車の購入だけでなく、アパートの引っ越しでも苦労しました。

先日別のアパートに引っ越しをしたのですが、私の収入が不安定すぎるため、あらゆる事を調査され、何と審査に2週間もかかりました。

フロリダ州の犯罪歴だけでなくアメリカ全土の犯罪歴の確認、クレジットスコアは3回も確認され、雇用証明書、過去半年の給与明細、日本での経歴と年収、結婚証明書までも提出し、最後には面接までもありました。信じられません。

マイアミでは、家電付きのアパートで家具と一緒に夜逃げすることが頻繁に起こっているらしく、半年の家賃を前払いするケースもあるようです。

私は、ここ半年で2回も長期間一時帰国したことで収入が少なく、不自然だと言われました。通信制の大学の学生証と国際学生証を提示して学生アピールをしましたが、アメリカではフルタイムの仕事と学業を両立している人が多いので、学生アピールも効果がありませんでした。

悲しくなるほど信用されていない私です。

アメリカで信用を勝ち取るには、安定した職につき、まずはクレジットカードでしっかりとしたクレジットヒストリーを作ることから始めなければいけないと痛感しました。

 

 

今が転職のチャンス

今後、いざ出産となった場合、夫と私にはアメリカで頼れる身内がいません。家族のサポートを期待することは難しそうです。

マイアミでは、保育料が月に15万円というのは当たり前のようなので、例えば子供が2人の場合、保育料に月30万円、年間360万円ほどの負担がかかる計算です。

それであれば、目標年収$50K(50,000ドル)の560万円を稼せばいいだけだ!という結論にたどり着きました。アメリカの多くの家庭は、ある程度の子育てはお金で解決しているようです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

就職活動を開始

 

仕事はあっても低賃金の仕事ばかり

アメリカは超学歴社会です。学歴が低く英語がネイティブでない場合、高賃金の仕事に就くのは至難の技です。

アメリカである程度の収入を得るには、英語力以外にも、学歴、職歴、スキルが必要になってきます。

私はまず、 indeed、Monsterなどの求人サイトに履歴書を登録してみました。36歳にもなると仕事の経験だけは豊富なので、41社からオファーがありました。

その大半は、少しでも条件が合う人にオファーを出しまくっているような企業でした。

面接を受けてみた企業は全て内定をいただきましたが、待遇面で条件が合わず辞退しました。改めて、アメリカでは英語力、学歴、職歴、スキルがある程度なければ低賃金の仕事しかできないのだと痛感しました。

日系企業には直接履歴書を送ってみましたか、パートタイムの仕事しかありませんでした。日本語を使えるフルタイムの仕事は結局一つも見つかりませんでした。

 

資格無しでできる高収入の仕事

やりたい仕事ではなく、稼げる仕事を探してみる事にしました。

アメリカで稼げる仕事のランキングを検索してみると、IT、医師、薬剤師、歯科医師、看護師、弁護士・・・資格が必要な仕事ばかりです。

トップ20にランクインしている仕事で私にもできそうな仕事が2つありました。

一つ目は10位の不動産仲介人の仕事です。引っ越しでお世話になった不動産仲介人にも勧められましたが、ちょっとした資格が必要なようです。

二つ目は14位の営業員です。移住前、日本での前職はマーケティング会社の営業所のマネージャーでした。

今回オファーがあった仕事の8割は営業職だったので、その中で決めることにしました。

といってもここはアメリカ。ネイティブでない私が営業で結果を出せるのか自分でも興味深々です。日本では、日本語がネイティブに近いレベルでなければ、長くは続けられない職種だと思います。

内定をいただいた会社の研修をうけてきました。この仕事については次のブログで紹介します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点 
✴︎スペイン語必須の求人に応募したらSkype面接の連絡がきた
✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う
✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる
✴︎ネイティブでないのに英語を上手に話す人に共通すること
✴︎日本人のモノづくりへのこだわり アメリカ人との異なる文化と考え方
✴︎ディズニーワールドで教わった「Merry Xmas」はNGで「Happy Holidays」が適切な理由

 

米企業のスカイプ面接 必ず聞かれる質問内容とアドバイス

先日、3回目のアメリカ企業への就職が決まりました。

スカイプ面接を2回、対面式の面接を1回経験し、運よく全て採用してもらいました。2社は上場企業、今回は社員150名ほどの中小企業です。

 

今回は、スカイプ面接といってお互いの映像を見ながらインターネットを通して無料で会話ができるサービスを利用して行う面接でした。

移動距離や採用期間短縮などの理由で、アメリカでは多くの企業が取り入れていますが、スカイプ面接も対面式の面接も原則は同じものなので、面接の質問の内容も変わりません。

 

アメリカの会社の面接3回で必ず聞かれた質問内容と、用意していたけれども聞かれなかった質問について紹介したいと思います。

Screen Shot 2017-06-20 at 15.16.28

 

 

面接で必ず聞かれた質問内容

 

①自己紹介

Tell me about yourself.は、全ての面接で一番はじめに。

・1分〜2分程度に経歴をまとめる
・応募する仕事に関係する経験
・達成したことを紹介する

自己紹介の内容より、面接官は人柄や印象をチェックしているように思います。面接では第一印象が重要ですよね。

英語が苦手な人でも、はじめに必ず聞かれる質問なので、事前に練習をして置くことで良いスタートが切れると思います(アイスブレーカー)。スタートがスムーズだと自信がついて後半も調子が良くなりますよね。

 

 

②志望動機

前職の経験を生かしてどのように貢献できるかを伝えます。

私は具体的な数字を入れて過去の実績を紹介し、どのように貢献できるとアピールします。

 

③過去の経験

実際に面接で聞かれた質問内容を紹介します。

・誇れる実績について
・アルバイトの経験について(新卒)
・大学で達成したことについて(新卒)
・表彰実績や資格
・苦労した経験とどのように乗り越えたか

一つ質問に答えると、その答えに関してさらに掘り下げて細かく質問されます。

過去の仕事の経験については、どんなことでも英語で答えられるように準備しておくといいです。

私のように転職回数が多い人は、関連する仕事の経験だけを伝えるのがいいと思います。

 

 

④質問

最後に聞いておきたいことはないか必ず聞かれます。ここで質問をしないとやる気がないと思われるので、質問は必須です。

長所をアピールできる質問内容や、やる気があることをアピールできる質問をあらかじめ用意しています。

面接の途中で、面接官がある程度業務内容について説明するので、事前に用意した質問の答えがすでに出てしまっているケースがよくあります。質問はいくつか考えておくことをオススメします。

スポンサーリンク

 

 

聞かれなかった質問内容

 

①当社を選んだ理由

志望動機ではなく、「同じ業界内でなぜこの会社を選んだのか」という質問は特に大手の就職で質問されると思います。例えば、自動車業界で他社でなくなぜ当社なのかという質問です。

私がアメリカで面接した3社のうち、2社は大手ですが、一度も聞かれませんでした。

 

②前職の退職理由

私は2004年に新卒で就職してから2016年末までの12年間で6社(契約2社、派遣1社、正社員3社)で就業経験があります。

女性は結婚や出産を機にどうせ退職しなければいけなくなると思い、毎回転職することを前提で就職しています。一通りの仕事を経験したら、別の仕事に挑戦するというスタイルでやってきました。

日本では信じられないほど転職を繰り返していますが、アメリカでは指摘されるようなことではなく、むしろ経験が豊富でプラス評価がもらえます。

そのせいか、一度も転職した理由を聞かれたことはありません。

 

③短所

毎回準備はしていますが、短所について聞かれたことはありません。長所は頻繁に聞かれます。

 

 

まとめ

 

今日紹介した「面接で必ず聞かれた質問内容」は英語でスラスラと答えられるように準備をしておくことをオススメします。

「面接で聞かれなかった質問内容」は、たまたま私は聞かれなかっただけで、職種や応募企業によっては質問される場合があると思います。

採用されたいのであれば、準備をしておくほうがいいと思います。私は毎回準備しています。

 

面接の質問にどのように答えるかということより、自信を持って堂々と自分のことを話せることの方が、特にアメリカの面接では重要だと思います。

先日のスカイプ面接では、採用が決まった後に、面接官が私の第一印象が良かったと言っていました。

できることを全てやったのであれば、あとは自信を持って面接を受けるのみです。頑張ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点
✴︎アメリカのディズニーワールドのゲストリレーションズで働く方法
✴︎アメリカ・外資の転職に必要なリファレンスとは?
✴︎英文履歴書 は和文履歴書と違う! 海外採用担当者のアドバイス
✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる EAD申請方法

アメリカのディズニーワールドのゲストリレーションズで働く方法

どうしたらアメリカのディズニーで働けるのかという質問をよくいただきますので、ディズニーワールドでGuest Relations Hostess(パークの総合案内所のキャスト)として働いていた頃の話をしたいと思います。

10年以上も昔の話になりますので参考になるかは分かりませんが、ご質問があれば「問い合わせ」からどうぞ!わかる範囲でお答えします。

s__8060966

 

 

留学先の大学の推薦で応募

 

私は新卒でフロリダ州にあるディズニーワールドに就職しました。

留学していた大学のTourism(観光科)の学生を対象に、毎年ディズニーからInternational Program の求人案内がきているようです。

International Program では、1年間ディズニーワールドで働くことができ、ディズニーがQ1ビザ(文化交流ビザ)のスポンサーになってくれます。

大学の成績は問われず(私の成績は驚くほど悪いので)、卒業していなくてもこの学科に在籍していれば大学の推薦がもらうことができ、この仕事に応募することができます。

チラシが数枚廊下に貼り出されるだけなので、クラスメートに教えてもらっていなければ、ディズニーに就職することはできませんでした。

 

 

ゲストリレーションズで働く方法

 

私はディズニーワールドにある4つのテーマパークの「マジックキングダム」という世界一入場者数が多いパークのゲストリレーションズ(パークの総合案内所)で働いていました。

ディズニーワールドの中で、最も人気のポジションです。毎日苦情の嵐でしたが、マジックキングダムのゲストリレーションズで働けたことは一生の宝なので、今はいい思い出です。

同僚の多くはディズニーに10年以上勤務し、はじめはカストーディアル(掃除係)からキャリアをスタートさせ、レストラン、アトラクション(乗り物)など、あらゆる仕事を経験してきたベテランばかりでした。

そのような場所で、日本人がゲストリレーションズで働く方法は限られています。

9割以上の日本人は、ディズニーと提携している日本の観光専門学校の学生です。(学校名は忘れてしまいました)

他の方法としては、イレギュラーで、オリエンタルランド(東京ディズニー)の役職者が研修として1年間働く方法もあるようです。

フランス語採用の同期数人は、全員パリのディズニーランドの社員でした。

私のように、留学している大学を経由するケースは当時は無かったようで、面接の時に、「日本人ならどうしましょう??あなたにできる仕事があるか考えてみます!」と面接官が困っていました。

 

 

三越経由で応募する方法が近道

 

日本人の多くは、エプコットというパークで働いています。

エプコットは、万博博覧会のように世界中のパビリオンが集まっていて、そこにある日本館だけは三越が業務契約を結んでいるため、三越経由で採用された日本人が多く働いています。

ディズニーの社員ではないので、家族用のパークの無料チケットなどのベネフィットはありませんが、日本人にとってディズニーで働く最も近道なのが三越経由で働くことです。(三越のディズニー求人

ただし、ゲストリレーションズの仕事ではなく、日本館にあるレストランやショップでの仕事になります。

 

 

カリフォルニアのディズニーランドでは働けない

 

残念ながら、グリーンカードまたはアメリカのパスポートを持っていない限り、カリフォルニアのディズニーランドで日本人が働くことは不可能です。

 

 

ディズニーでの経験は人生を変える

 

ディズニーワールドでの就業経験があれば、これからの人生あらゆる面で得をします。計り知れないほどプラスの影響を与えてくれます。

もしアメリカのディズニーで働きたいと思っているのであれば、ぜひトライしてみてください!

 

関連記事:
✴︎ディズニーワールドで教わった「Merry Xmas」はNGで「Happy Holidays」が適切な理由
✴︎アメリカのディズニー ダラーが廃止になり超プレミアに?!
✴︎英文履歴書 は和文履歴書と違う! 海外採用担当者のアドバイス
✴︎マイケル・ジャクソンのDisney最後のツアーガイドをした友人から聞いた昇格テクニック

 

ポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

リファレンス(推薦状)で不採用になりかけた! アメリカ・外資の転職に必要なリファレンスとは?

先日、アメリカの企業のスカイプ面接を終え、無事に採用していただくことが決まりました。

別の記事:これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点

今回で3度目のアメリカでの就業になりますが、リファレンスの準備不足で、危うく不採用になるところでした。

アメリカでは、転職の際にリファレンスと言われる元上司の推薦状が必要になります。

最近では、日本でも外資系企業を中心にリファレンスの実施をしている企業が増えてきているようですね。

私のようにリファレンスの基礎知識がないまま転職活動をすると、最後の最後で不採用という結果になりかねません。

アメリカでの就職や外資系企業への転職で必ず必要なリファレンスについて、私の失敗談とアドバイスについて紹介したいと思います。

Screen Shot 2017-05-26 at 14.38.54 

 

Reference(リファレンス)とは?

 

海外での転職や外資系企業に転職する際に、リファレンスといって採用候補者の素性を調べるために、在籍期間や実績などを調査するものです。信用調査のことです。

 

信用調査は必ず行われるわけではない

 

リファレンスの信用調査は、必ず行われるわけではありません。

企業や職種、雇用形態によっても対応は異なります。

 

日本人からすると「調査が行われる=疑われている」と思ってしまいますよね。

アメリカでは一般的に行われていますし、基本的に最終候補者にしかリファレンス対応はしないので、リファレンスを求められたらほぼ採用は決まったと思っていいと思います。

 

私は過去に2度アメリカで就職をしたことがあります。

1度目は新卒だったので、リファレンスを求められることはなく、2度目はリファレンスを提出しましたが、信用調査をされることはありませんでした。

そのため、今回も調査されることはないと安易な考えでいました。

 

リファレンスの信用調査の3つの方法

 

①電話で直接確認する

採用担当者が直接元上司に電話で確認をします。

 

②メールで確認をする

採用担当者が直接元上司にメールで確認をします。

 

③推薦状を書いてもらい提出する

元上司や同僚に書面でリファレンスレター(推薦状)を書いてもらうようお願いをし、応募企業に提出します。

Screen Shot 2017-05-26 at 14.42.27

 

元上司と連絡が取れないと言われた!

 

採用してもらった仕事は、応募者11名に対し、採用2名の求人で、全ての面接が終了してから最終的な連絡が入ることになっていました。

スカイプ面接が終了し、ホッと一息ついていた矢先に面接官から連絡が入りました。

「事前に提出してもらったリファレンスの番号に何度か電話をしても、2社とも繋がらないので、メールアドレスを教えて欲しい!」とのことでした。

リファレンスの確認があるということは、内定の一歩手前ということです。面接が終わって、早速元上司に連絡をしてくれたのかもしれません。

 

それにしても2社に何度か連絡しても繋がらないなど、恥ずかしいことです。

このような適当な人間を採用したいと思わない企業もあるはずです。

 

この後、私は採用担当者と何度か電話とメールでやり取りをして、非常識な私の行動に、夫も私も不採用だ!と確信しました。(最終的には雇っていただいたので良かったのですが)

 

 

応募するたびに元上司に連絡が必要

 

今回応募した会社では、リファレンスの信用調査は電話で行われました。

事前に応募企業から求められていたリファレンス情報は、もっとも最近勤務した2社の元上司の名前、役職、電話番号でした。メールアドレスの提示求められませんでした。

私の前職は日本で、前前職はアメリカで就業しています。

 

まさか日本の元上司に電話で連絡が入ると思っていませんでした!

そのため、リファレンスについての説明を丁寧にしないで名前をお借りし、さらに元上司の携帯電話の番号ではなく、念のためにと、英語が話せる事務員が対応する会社の電話番号をリファレンスとして提出したのが間違いでした。

 

リファレンス対応をお願いするのは、私にとっては申し訳なく感じます。(特に英語が苦手で忙しい上司が相手の場合)

それでも、リファレンスが必要な会社に転職を考えているのであれば、お願いするしかありません。

 

例えば、複数の求人に応募するのであれば、応募をするタイミングで会社名、応募するポジション、担当者名と連絡先(分かれば)を元上司に伝える必要があります。

 

上司との良い関係を続ける

 

リファレンスをお願いできるような上司がいるということは、その会社で良い人間関係を築いていた証拠ですよね。

英語が得意で外資系企業で一生働きたいと考えている人や、海外に住みたいと思っている人は、今のうちから上司と良い人間関係を築いておいた方がいいかもしれません。

 

私はFacebookのアカウントは持っているものの、積極的に連絡を取るタイプではありません。

会社の上司とFacebookなどのソーシャルメディアで繋がっているのであれば、誕生日の時にメッセージを送るなど、定期的な繋がりがあるといいかもしれません。

Screen Shot 2017-05-26 at 14.39.59

 

自分が推薦状を書く日がやってくる

 

アメリカで就職をし、部下をもつようになると、いつかリファレンスレターの作成をお願いされる日がくるかもしれません。

夫は何度か推薦状を頼まれたことがあるそうです。

人生を左右するかもしれない文書になるので、大げさなほど褒めてあげていると言っていましたが、用意する方もプレッシャーですよね。

それでも、後日良い結果を報告されると、自分のお陰で採用されたのかもしれないと最高の気分になるそうです。(実際は応募者本人の実力です。笑)

 

これから転職活動をされるみなさん、頑張ってください!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事:
✴︎ネイティブでないのに英語を上手に話す人に共通すること
✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う
✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる
✴︎アメリカ駐妻が海外赴任中にやるべき5つのこと
✴︎これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点 
✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う
✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる
✴︎アメリカで就職すると薬物検査がある?!

これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点

応募した求人のスカイプ面接の結果が出ました。

スカイプ(Skype)の面接とは、LINEの動画通話と同様に、お互いの映像を見ながらインターネットを通して無料で会話ができるサービスです。

今回は、応募者11名、採用2名、スペイン語必須の契約社員の求人でした。スペイン語は話せませんが、無事に採用してもらいました!

 

アメリカで就業するのは今回で3回目、Skypeインタビューは2回目です。

事前の準備さえしっかり行えば、採用条件に満たしていなくても、英語がネイティブでなくても、私のように採用してもらえる場合があります。

私の経験から、スカイプ面接の事前準備の注意点について紹介したいと思います。

S__9723907

 

 

服装

 

スカイプ面接だからといって、カジュアルな服装で面接に臨むと失敗する可能性が高いです。

日本人にとってはスカイプ面接は珍しいかもしれませんが、アメリカでは遠距離や海外在住の候補者との面接で、頻繁に取り入れられています。

 

そのため、服装は対面式の面接と同様にスーツの着用が一般的です。

職種によって基準は違いますが、清潔感を感じる髪型やネイルも大切です。

男性はひげの剃り忘れに気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

事前の準備

 

スカイプID

スカイプ面接が企業で取り入れられるようになる前からプライベートで使っていた人は、スカイプID名が面接に適していない場合があります。

一度作ったスカイプID名は変更ができないので(2017年5月現在)、必要によって新しくアカウントを作り直すのがいいかもしれません。

初めての場合は、今後のことも考えて、自分の名前などでアカウント名を作ることをオススメします。スカイプ日本語ページ

 

プロフィール写真

面接が始まる前にスカイプのプロフィール写真を変更しました。

プライベート写真より、スーツを着用して撮った写真の方が印象は間違いなくいいですよね。(面接時は髪の毛をアップにしました)

Screen Shot 2017-05-17 at 22.56.13

アメリカは、面接で年齢や国籍を聞かれることはありません。事前に提出する履歴書に写真を添付することも、容姿が重要視される一部の職種以外はありません。

個人的な意見ですが、スカイプに相手の写真がアップされていて面接の前に確認できた方が緊張がほぐれます。

私は、面接官の写真が事前に確認できたおかげで、緊張することはありませんでした。

 

テスト通話

事前に友人や家族とテスト通話をして、回線接続状態や音声など、最適の状態であることを確認しておくといいです。

表情がわかるよう明るい部屋を選び、写真やカレンダーなどが映らない白い壁の前にカメラをセッティングします。

照明や映像背景の配慮ができないような人は、採用したくないですよね。

 

家族の協力

面接中は家族の協力も必要です。静かにしてもらうか外出してもらった方がいいかもしれません。

私は、夫が仕事で不在だったので、面接に集中できました。

 

時差の確認

国土が広いアメリカでは国内でも時差がありますので、タイムゾーンの確認が必要です。

通常は、このように面接官がタイムゾーンの連絡をしてくれるので特に心配することはありません。

アメリカ東部標準時間の朝9時で……
at 9:30am Eastern Standard time.

日本でスカイプ面接を受ける場合、サマー時間の確認もお忘れなく!

 

15分前にはスタンバイ

対面式の面接と同じで、余裕を持って準備をしておくといいです。

私が経験した2回のスカイプ面接は、予定時間ぴったりに雇用先からスカイプ発信がありました。

15分前にはスタンバイを完了して最終チェックをしましょう!

 

面接官の名前

アメリカでは、相手を名前で呼ぶことがビジネスマナーですので、事前に名前を覚えておくといいです。(読み方が検討もつかない英語の氏名が時々ありますよね!)

面接の案内をメールで送ってくれた人が面接官になる可能性が高いと思います。

 

面接がはじまると、はじめに面接官から名前の読み方の確認が必ずあります。(私の下の名前が珍しいからかもしれません)

対面式の面接でも同じで、「あなたの名前の読み方は○○でいいですか?」と100%聞かれます。

 

面接官を名前で呼べると印象がいいので、事前に覚えておくか、メモを見えるところに置いておくといいです。

 

ちなみに私の場合、面接官の顔が映った瞬間に私から面接官を名前(Ms. ○○)で呼んで挨拶をしました。

採用された後に、面接官から第一印象が良かった!と言われたので、ぜひ皆さんも試してみてください。

 

 

準備物

メモ、ペン、採用担当者に提出した書類のコピーなどの準備もお忘れなく!

どうしようかな?と迷ったものは、とりあえず近くに置いておくのがいいかもしれません。

面接の最後に質問タイムが必ずありますので、事前に考えて置いた質問リストを置いておくといいです。(質問は必ずしてくださいね!)

 

雑音

携帯電話をマナーモードに、雑音が入らないように窓を閉めて、お手洗いも済ませておいた方がいいですね。

静かであればあるほど、英語が聞き取りやすくなると思います。

Screen Shot 2017-05-18 at 0.24.14

 

録音や録画が可能

 

スカイプ面接をしている様子をスマートフォンなど使って録画することが可能です。

特に英語面接の場合、何度も聞き直すのは避けたいですよね。録画や録音すれば面接後に面接の内容の確認が可能ですし、メモを取り続けないことで面接に集中できるので大変便利です!

ただ、全くメモを取らないとやる気がないように見えるので(当然相手は録画しているなど知りませんので)、大事な単語ぐらいはメモ書きしてやる気アピールをお忘れなく!

 

 

第一印象がキー

 

対面式の面接と同様に、第一印象で面接の結果は左右されます。

先ほども少し触れましたが、私が採用された理由の一つとして、第一印象が良かったと面接官に言われました。

私は、面接官の顔が見えたと同時に、こちらから先に面接官を名前(Ms.○○)で呼びご挨拶しました。もちろんビックスマイルで

職種によって異なりますが、それでもアメリカ人は元気で明るいポジティブな人を好むので、アメリカの企業であれば、フレンドリーさが必要だと思います。

Screen Shot 2017-05-18 at 0.27.58

 

 

お礼のメール

 

スカイプ面接が終わったら、その日のうちにお礼のメールを送ります。敏速な対応は好印象ですよね。

せっかく面接がうまくいっても、お礼のメールでスペルミスなどがあると逆効果になる場合があるので、スペルミスをしないように、事前にメールを準備しておくといいです。私はそうしました。

 

 

まとめ

 

英語が苦手でも、スキルや経験があまりなくても、面接で良い結果を出すことは可能だと思います。

準備8割行動2割です!準備は大切です。

面接は、納得いくまで準備をすることで、本番で自信が持てるので、あなたの魅力を最大限に伝えることができると思います。

 

スカイプ面接が成功することをお祈りします!もし良かったら、参考にしてください。

 

関連記事:
 ✴︎スペイン語必須の求人に応募したらSkype面接の連絡がきた
 ✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う
 ✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる

 

スポンサーリンク

アメリカでスペイン語必須の求人に応募したらSkype面接の連絡がきた

先日、アメリカでの就労許可が出たので、早速オンラインで求人を探してみました。

マイアミは日本企業も日本人観光客も少ないので、日本語を必要とする求人がほとんどありません。

せっかく日本語を必要とする募集があっても、今の所、資格や条件が合わないことがほとんどです。

Screen Shot 2017-05-11 at 15.15.10

 

言い訳ばかりしていても先には進まないので、とりあえず私にできそうな仕事に応募してみることにしました。

すると、早速連絡がきました。

 

 

5月10日にオンラインで応募

 

5月10日にオンラインで私にできそうな仕事の求人があったので、早速応募してみました。

スペイン語が話せることが必須条件となっています。私は挨拶すらできません。

応募は、指定のウェブページで職歴やスキルなどの大まかな情報を入力していく方法です。

今のところ、履歴書の提出の依頼はありませんが、面接に合格すれば、履歴書の送付が必要になると思うので、これから仕上げておきたいと思います。

事前に英文の履歴書はある程度作成してあったため、オンラインの入力が簡単でした。

応募したい仕事が見つからなくても、履歴書の作成だけはしておいた方がいいと思います。

別の記事:
英文履歴書は和文履歴書と違う!
海外採用担当者のアドバイスと作成方法

 

5月11日にSkype面接の連絡

 

24時間も経たないうちにメールで連絡がきました。

迷惑メールだと思い、危うく削除するところでした。

スペイン語が話せなくても、問題ないのかもしれません。

Screen Shot 2017-05-11 at 18.24.29

 

 

スカイプ面接の方が楽

 

以前アメリカで就業した際も、Skype面接がありました。

企業まで足を運んで面接を受けるのと比べると、精神的にも身体的にも10倍楽です。

 

当時は、日本からの応募で、実家の居間で深夜2時ごろに面接をしました。

上だけバッチリスーツで下はパジャマでした。

 

今回はアメリカからの応募で時差の心配がなく、夫が仕事中に面接をするので、誰にも気にすることなく面接を受けられます。やりやすいです。

Screen Shot 2017-05-11 at 15.23.26

 

 

5月17日の面接までにすること

 

前回、日本の実家からSkype面接を受けた時は、採用はされたものの、面接の準備不足で焦りました。

ワードに作成したカンニングペーパーをチラチラみながら面接を受けましたが、読んでいるのがバレていたような気もします。

今回は時間に余裕があるので、しっかり準備をして面接を受けたいと思います。

 

 

面接の準備

この仕事に合格したとしても、長期的にやりたい仕事ではありません。

今後、アメリカでの別の面接でも活かせるよう、「面接でよく聞かれる質問」の回答と「自己紹介」を英語で書き出して練習しておきたいと思います。

アメリカでは特に即戦力を求められるので、職歴については詳しく聞かれます。しっかり自信を持って自己アピールするには、事前準備が大事ですよね。

 

応募先企業の事前調査

以前のスカイプ面接では、応募先企業について知っていることを話すように言われました。

企業のことを調べると、どのような人材を必要としているかも分かるので、面接での受け答えも変わってくると思います。

 

最後の質問で聞くこと

日本でも同じだと思いますが、面接の最後に必ず質問タイムがあります。

前回のスカイプ面接では、事前に用意しておいた質問について、面接官の自己紹介でカバーされてしまったので、好印象を与えられるような質問がパッと出てきませんでした。

念のために、3つ以上事前に考えておきたいと思います。

 

お礼のメールの作成

前回の面接の際、1時間ほどの面接が終わって、それからお礼のメールを作成して送りました。

英語でのお礼のメールの書き方をネットで調べ、あれこれしているうちに、送信したのが朝の4時ごろになってしまったと思います。

今回は、事前にメールを用意して、面接の後すぐに送信できるようにしようと思います。

 

履歴書の完成

履歴書の内容は、応募する仕事によって内容が変わります。

今回の応募に合わせた内容の履歴書を完成させておきたいと思います。

面接の後に履歴書の提出を求められた場合、その日のうちか、遅くても翌日には提出するのがスマートですよね。

通信の大学の課題の期日と面接の日が重なっているので、早めに準備に取り掛かりたいと思います。

 

スカイプ面接までは1週間ほどが一般的

 

私の過去の経験も、友人の海外就業の経験も、応募後に連絡がきてから面接までは、約1週間が一般的な期間です。

急募でない限り、週末を含めて7日間も面接の準備の時間がもらえます。

それでも、仕事をしていたり、週末に予定が入っていると、1週間はあっという間です。

英語の面接となると準備に時間がかかりますよね?

余裕を持って準備に取り掛かる必要がありそうです。

 

関連記事:
✳︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる
✳︎英文履歴書は和文履歴書と違う! 海外採用担当者のアドバイス
✳︎日本語バイリンガルの求人募集がなくなった!トランプ大統領の影響?!

 

面接の結果をまた報告します。

これからスカイプ面接をされる人は、参考にして下さい。

アメリカの就労許可EADが届かない 公式HPで確認してみた

アメリカ駐在妻が現地で仕事をするためには、EAD(Employment Authorization Document)という就労許可証の取得が必要です。

申請書類を6週間前に郵送しましたが、まだ許可証は届きません。

進捗状況を確認するため、USCISの公式ホームページで調べてみました。

Screen Shot 2017-04-04 at 18.31.38

 

 

 

EAD申請から今まで

 

書類郵送 2月22日

 

以前「EAD書類の準備の手順」で紹介した通り、2017年2月22日にEADの必要書類を郵送しました。

S__8724493

 

小切手が現金化 2月28日

申請手数料の$410はの小切手で支払いました。

申請書類と合わせて郵送した小切手は、月末に現金化されていました。

 

書類受領の連絡 3月1日

USCISから手紙が届きました。2月22日に書類を受け取り、手続きを進めているというお知らせです。

提出書類に不備はなかったようです。

F0A16D41-9223-477C-874B-BF7A25DE458C

 

 

6週間経過したので公式HPで確認

 

EAD申請から1ヶ月半で許可が下りた人がいるようなので、公式HPで進捗状況を確認してみました。

 

Ask Emmaで確認

USCISの公式HPにいくと、Ask Emmaという質問に自動で答えてくれるサービスがあるので、EADの申請期間を聞いてみました。

Screen Shot 2017-04-04 at 17.37.35

申請書類の種類、申請待ちの人数などにより申請期間は異なるようです。

さらに詳しく調べてみると、「75日以上申請許可が下りない場合のみ、問い合わせを許可する」と記載されていました。

まだ申請してから41日しか経っていませんので、待つしかありません。

 

受領番号で確認

USCISから郵送されて来た書類にあるReceipt Number(受領番号)で検索してみました。

こちらの公式ページから調べることができます。

S__9134099

 

そこには、手紙にかかれていた通り、申請の手続きを進めていると説明がありました。

2017年4月25日までに届かない場合は、カスタマーセンターへ連絡するよう記載されているので、あと4週間も先の話です。

 

Screen Shot 2017-04-04 at 18.40.41

 

 

まとめ

 

EADの申請書類に不備があったり、不足していたりすると、それに伴った指示が届くようですが、私のように問題がなく手続きが進む場合、手続きが始まったお知らせが郵送で届きます。

申請書類の種類や混雑具合で、申請期間が異なるため、待つしかありません。

早い就職を希望する人は、先に履歴書の作成や募集求人の検索などを始めるのが良いかもしれません。

 

【2017年5月4日 追記】

EADの許可が下りました。本日USCISから手紙が届きました。

 

【2017年5月7日 追記】

EADが無事に届きました。詳細は「EAD書類の準備の手順」で紹介しています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎ネイティブでないのに英語を上手に話す人に共通すること
✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う

✴︎アメリカ駐妻が海外赴任中にやるべき5つのこと
✴︎これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点 
✴︎スペイン語必須の求人に応募したらSkype面接の連絡がきた
✴︎アメリカで就職すると薬物検査がある?!

✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる EAD申請方法を詳しく紹介
✴︎アメリカ駐在員が同僚を自宅に招待する時に喜ばれる日本食
✴︎フロリダ州の身分証明書 Driver License OfficeでステートIDの取得方法
✴︎SIMフリー携帯電話でT-mobile契約 日本でネット使い放題のプランもある
✴︎米駐在員が車なしでも快適な生活は可能か メリットとデメリット
✴︎安い!早い!簡単!リフトとウーバーのメリットとデメリット

英文履歴書 Resume(レジュメ)は和文履歴書と違う! 海外採用担当者のアドバイス

私の周りでは、結婚や出産で仕事を諦めた女性が多かったことから、女性は退職を余儀なくされる時がくると思い、興味がある仕事に転職を繰り返しました。

35歳で夫の駐在に同行するまでの間、アメリカと日本で計6社に就業しました。

今思えば、せっかくの正社員の仕事を辞めて 別の仕事に挑戦した、若い頃の自分に関心してしまうほどです。

転職にはものすごいエネルギーが必要ですから!

Screen Shot 2017-04-04 at 5.03.40

 

転職の何にエネルギーが必要かというと、まずは履歴書の作成です。

 

特に今回はアメリカでの転職活動になるので、英文Resumeの作成になります。

転職回数が多いこともあり、レジュメの作成に時間がかかります。

 

夫がドバイの病院の看護師と医師の採用を任されていたことがあり、採用活動で世界中を飛び回り、数千人の英文履歴書を見てきました。

レジュメの書き方には重要なポイントがあるようなので、採用者の視点からみたポイントを紹介したいと思います。

 

 

 

英文履歴書Resumeとは

 

Resume(レジュメ)は、アメリカの企業に応募する際に提出する英文の履歴書です。

 

通常、レジュメには5つの内容の記載が求められます

レジュメの5つの構成:

・Contact Information(連絡先)
・Objective (志望動機)
・Qualifications(資格)
・Professional Experience(職歴)

・Education(学歴)

 

学歴や職歴を全て記載する必要はなく、経歴をまとめたものです。

 

スポンサーリンク

 

 

レジュメの書き方の重要ポイント

 

 

1. レジュメは面接と同じ

 

面接は第一印象で決まる!と言われるほど、はじめの印象は重要ですよね?履歴書はあなた自身と思ってください。

採用担当者が履歴書を見て、読みにくかったり、紙にシワが寄っていたり、書類が封筒に雑に入れられていたりすると、応募が多い会社では、レジュメに目を通すことなく不採用になる場合があります。

 

英文レジュメは、和文の履歴書のように決められたフォーマットはありません。

輝かしいスキルや経験がなくても、書き方次第で印象が変わるため、時間をかけて工夫したレジュメを作成すれば採用者にアピールが可能です。

 

レジュメは面接同様に重要なアピールのツールになるため、採用担当者が見たいと思うような見栄えのするレジュメである必要があります。

 

 

2. 要点をまとめる

 

転職回数が多いと、つい全ての経歴を書きたくなります。これがかえってマイナスです。

アピールポイントを絞り、その内容をわかりやすく伝える必要があります。

 

レジュメは1〜2枚、どんなに多くても3枚です。

レジュメは、全ての経歴を書く必要がないので、どれだけ素晴らしい経歴や学歴の持ち主であっても、2枚に履歴書をまとめることは可能だと夫は言います。

私が最後に書いた英文のレジュメは実は3ページです。あれからさらに職歴が増えましたが、なんとか2ページに収めたいと思います。

 

 

3. 自己アピールは大げさに

 

日本企業に提出したアメリカ人の履歴書を見せてもらったことがあります。

実際は大したことはないのですが、恥ずかしくなるほど自己アピールが凄い

 

謙虚な日本式のアピールではアメリカ人に負けてしまいますね

郷に入っては郷に従えです。アメリカで就職活動をするのであれば、現地のやり方で積極的にアピールです。!

 

レジュメは面接への入り口で、「面接に来てもらいたい!」と思ってもらうことが目的です。

書類選考で落とされないためには、嘘をつかない程度に大げさに表現た方が採用担当者にアピールできます。

ちなみに、セールスポイントは可能な限り具体的に数字を用いて記載する方が効果があるようです。

 

 

4. ネイティブに添削してもらう

 

英語が第一言語でない場合、どうしても表現力に劣ります。

ネイティブにレジュメを添削してもらうと、驚くほど質が上がります。

 

日本語の履歴書で、漢字の間違いがあるなど考えられませんよね?英語でも同じです。

英語のスペルや文法の間違いは大きな痛手となります。

 

ネイティブの添削が難しい場合は、何度も読み直し、辞書やインターネットで調べる方法もあります。

日本人で英語が得意な人にお願いする方法もいいかもしれません。

 

日本語でも同じことが言えますが、何度も読み返しても、英語の間違いや勘違いに気づかないこともがあるので、自分以外の人に確認してもらいましょう。

 

せっかく素晴らしいレジュメを作成しても、たった一つの間違いが、全ての努力を無駄にしてしまう可能性があります。

 

 

5. 基本ルールを守る

 

日本の履歴書をそのまま英訳したものが英文レジュメではなく、英文レジュメは和文履歴書は別物です。

レジュメのフォーマットに決まりはありませんが、書き方の基本ルールがあります。

 

アメリカで就職をしたいのであればアメリカの履歴書の基本ルールを守る必要があります。

採用担当者にとっては、ただでさえ応募者全員の履歴書に目を通すことに手一杯で、個性が強すぎて一般的なレジュメと大きく異なると、さらに読む気を失わせるだけです。

 

英文レジュメの基本ルールについては、次の項目で紹介します。

Screen Shot 2017-04-04 at 11.13.52

 

 

英文レジュメの基本ルール

 

パソコンで作成

日本のように、丁寧な直筆で熱意を見せるなどの観念はアメリカにはありません。

必ずタイピングされた印字したものを作成してください。

 

紙は白で厚めの上質紙

ペラペラなコピー用紙より、少し厚めの上質紙の方が、採用担当者が読みやすいですし、気合も感じられます。

 

フォントとフォントサイズ

フォントはTimes New Roman または Arialを使用します。

ディズニーの面接の時に他の応募者のレジュメを見せてもらいましたが、ディズニーフォントの人が多く、用紙もピンクや水色など様々でした。読みにくかったです。

 

フォントサイズは 12 がベストですが 10 でも良いです。私はレジュメを読む人のことを考え、12 にしています。

 

レターサイズで印刷

アメリカで使われている、レターサイズの寸法で印刷します。日本のA4サイズとは若干サイズが異なります。

 

1〜2枚にまとめる

先ほども説明した通り、レジュメには学歴や職歴を全て記載する必要はなく、経歴をまとめたものなので、1〜2枚にまとめるのが基本です。

 

第一人称や人称代名詞の省略

I(私)などの第一人称は使いません。

You、He、They、We、などの人称代名詞も省略します。

 

定冠詞、不定冠詞の省略

a、an、 theなど定冠詞ya不定冠詞も省略します。

 

職歴は過去形で

職歴を記載する場合、動詞は過去形で書き、就業中の仕事の動詞は現在形で書きます。

 

最新の情報から

和文履歴書では、学歴や職歴を古いものから年代順に並べて記載しますよね。

英文レジュメでは、最新の情報が重要とされているため、基本的には最新の情報から順に記載します。

 

写真・年齢・性別は不要

アメリカでは、雇用機会均等法があるため、履歴書に写真・年齢・性別は不要です。

職種によっては、それらの情報を求められます。

日本語を多く使うアメリカの日本企業に就職した友人は、和文の履歴書を提出したそうです。

ディズニーワールドの履歴書は、アメリカ企業にもかかわらず写真の添付が必須でしたので驚きました。

 

ビザや就労許可の情報の記載

雇用者は労働者がアメリカ国内で合法的に就労できるかどうかを確認する義務があります。

私のように夫の駐在に同行し、L-2ビザで渡米し、EADの就労許可で就業をする場合、その情報と有効期限を記載しておくと親切です。

 

個人的な意見として、絶対に落としたくない仕事であれば、「Authorized to Work in the United States.」とだけ記載した方が、面接の機会が得られる可能性が高くなると思います。

書類選考で少しでもマイナスの要素を減らしたいのですよね。EADは2年の有効期限などの制限があるので、グリーンカードほど立派なものではありません。

 

 

 

レジュメの作成には最低5日

 

留学中に大学でレジュメの無料添削サービスがありました。

アドバイザーに「レジュメ作成に必要な時間は、ネイティブで2日、留学生は5日!」と言われました。

どれだけ履歴書作りに慣れていても、過去に作成したものがあっても、日を改めて確認すると間違いに気づくそうです。

レジュメに完成はないので、時間をかけた分良いものに仕上がるそうです。それを信じて、時間に余裕があるうちに、コツコツ作成していきたいと思います。

 

 

応募職種が決まらないと作成できない

 

和文履歴書と比べて英文履歴書は、応募する企業や職種に応じて細かな修正が必要です。

会社が求めているスキルに合わせ、全面的にアピールできるよう、書き直さなければなりません。

 

そのため、応募する仕事が決まっていない場合はレジュメの作成ができません。

最も効率的な方法は、今までの経歴や功績をまとめたものを用意しておき、応募する仕事が決まったら、内容に応じて加筆することです。

 

よかったらこちらの関連記事もどうぞ!
✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる EAD書類の準備の手順
✴︎アメリカ駐妻が海外赴任中にやるべき5つのこと
✴︎
ネイティブでないのに英語を上手に話す人に共通すること

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる EAD申請方法を詳しく紹介

私のように夫のアメリカ駐在に伴い、日本で働いていた会社を退職して渡米する沢山いると思います。

特に子供がいない夫婦であれば、駐妻にとって何もしないで家にいるより、パートタイムでもいいので働いた方が経験にもなるし、お金も稼げるし、大きなメリットがあると思います。

 

私は、駐在員の家族としてL-2ビザを取得しましたが、残念ながら、このビザだけでは就業できないのです。

EAD(Employment Authorization Document)という就労許可証が必要になるので、早速申請の準備をしました。

Screen Shot 2017-02-20 at 7.15.41

 

 

 

EADのメリットとデメリット

 

夫はL-1ビザでアメリカに駐在しているので、夫の会社以外で働くことはできません。

EADを申請する私の場合、就業許可が下りれば、私が好きな会社を選び、パートタイム、契約社員、正社員など、職種も雇用形態も問われませんし、退職、転職も自由です

ただし、夫のビザの有効期限が切れてしまうと、私の就業契約も満了となります。

 

 

EAD申請の必要書類

 

ビザの申請をサポートしてくれた、夫の会社のビザ仲介業者にEADの申請方法について質問したところ、夫にこのような返事が来ました。

Screen Shot 2017-02-05 at 23.38.16

 

簡単に訳してみると、どうやら次の6つ(下記太字)を用意する必要があります。仲介業者に依頼しない場合は、I-765の申請書の記入も必要なので追加しておきます。

USCIS公式ホームページは、申請方法が分かりやすく書かれていないため、過去に申請した夫の知り合いにも確認し、まとめてみました。

 

1. 申請者のパスポートとL-2ビザのコピー
L-2ビザのコピーはメールに記載はないが心配なので追加

2. 申請者の I-94 のコピー
I-94が取得できるURL

3. 婚姻証明書のコピー(戸籍謄本)と翻訳
翻訳はメールに記載はないが絶対に必要なので追加

4. 直近3回の夫の給与明細のコピー

5. アメリカのパスポートサイズの写真2枚
パスポートサイズについてのURL
サイズが違うと撮り直して再郵送が必要になるので注意
アメリカの写真館で証明写真を取得した記事

6. U.S. Department of Homeland Security宛ての$410の小切手
金額は変わることがあるので公式ページで確認が必要
小切手の書き方はこちら

7. I-765申請書の記入
I-765申請書(Form I-176)と
記入方法(Instructions for Form I-765)のURL 

写真の青字リンクが申請書と記入方法です。
Screen Shot 2017-02-19 at 3.31.22

8. 夫のパスポートとL-1ビザのコピー
メールに記載はないが心配なので追加

 

$600の手数料がかかると書いてあったので、自分で申請することにしました。その代わり、I-765の申請書は自分で用意する必要があります。

 

 

郵送またはオンライン申請

 

申請は、次の2つから選択ができます。

  1. 郵送で申請
  2. オンライン申請+移民局へ出向く

オンラインの方が楽だと思っていましたが、移民局へ行かなければいけないため、郵送の方が簡単ですね。

 

1. 郵送で申請する郵送先

郵送先は、住んでいる地域により異なりますので、公式サイトを確認しましょう。

 

マイアミ在住、L-2ビザ、I-765の申請をする私の場合:

①カテゴリーを選ぶこちらのURLから

Employment-based nonimmigrantsを選択すると、L1 と書かれている青色部分が出てきます。

Screen Shot 2017-02-20 at 6.55.59

 

I-765の申請書の項目16で↓、(a) (18)のカテゴリーを選択しましたが、青色部分↑にも(a) (18)が選択されているので、ここで間違いないことが確認できます。

Screen Shot 2017-02-20 at 6.43.22

 

②選択したカテゴリー(青色)にあるリンクをクリックする。

下記写真のこちらのURLにジャンプします。URL

Screen Shot 2017-02-20 at 7.04.35

 

マイアミはフロリダ州なので、郵送先はこちらになります。

Screen Shot 2017-02-20 at 7.07.37

<<注意>>
U.S. Postal Service (USPS)はアメリカ郵便公社のことですが、USPSで郵送する場合と、それ以外で郵送する場合の送り先住所が異なるので、気をつけてください。

(上方の送り先がUSPS、下方がUSPS以外です。)

関連記事:アメリカ郵便公社USPSの国内郵送

 

2.オンラインで申請するURL

公式サイトのこちらのページからオンライン登録ができます。
オンライン申請URL

 

 

カバーレターの作成

 

カバーレターの作成は必須ではないと思いますが、何の書類が同封されているかぐらいは、手書きでもいいので書いてあげた方が親切ですよね。

作成してみたので、よかったら参考にしてください。コピペできるようにしてあります。

S__8716320

送る日February 22, 2017 

送り先
USCIS Dallas 
P.O. Box 660867
Dallas, TX 75266 

RE: NEW I-765 (EAD) Application for spouse:

Dear Officer,

Please find enclosed the following documents for the above referenced EAD Application of 名前

-I-765 form
-Copy of applicant’s Passport and L-2
-Copy of L-1 beneficiary’s Passport and L-1
-Copy of I-94
-Copy of marriage certificate and translation
-L-1 beneficiary’s recent pay-stubs
-Two photographs
-Filing fee $410

I request you to accept my application for the issuance of an EAD card.

Thank you for your consideration.

Sincerely,
名前
住所

 

【2017年3月1日 追記】

書類を郵送して1週間ほどで、USCISから手紙が届きました。

書類を受け取って手続きを進めているというものです。提出書類に問題はなかったようです。銀行口座を確認したら、チェックも現金化されていました。

F0A16D41-9223-477C-874B-BF7A25DE458C

 

【2017年5月4日 追記】

EADの申請書類が2/23に受領されてから、70日後の5/5にUSCISからお知らせが届きました。EADの許可が下りたそうです。

EADの有効期限が2017年4月28日からとなっているので、67日間でEADが発行されたことになります。

S__9510915

 

【2017年5月7日 追記】

EADが届きました。有効期間は2年間です。

S__9535491

 

EADカードの裏です。

S__9535492

 

参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎ネイティブでないのに英語を上手に話す人に共通すること
✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う
✴︎アメリカ駐妻が海外赴任中にやるべき5つのこと
✴︎これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点 
✴︎スペイン語必須の求人に応募したらSkype面接の連絡がきた
✴︎アメリカで就職すると薬物検査がある?!
✴︎アメリカ駐在員が同僚を自宅に招待する時に喜ばれる日本食
✴︎フロリダ州の身分証明書 Driver License OfficeでステートIDの取得方法
✴︎SIMフリー携帯電話でT-mobile契約 日本でネット使い放題のプランもある
✴︎米駐在員が車なしでも快適な生活は可能か メリットとデメリット
✴︎安い!早い!簡単!リフトとウーバーのメリットとデメリット