ディズニー・クルーズラインの5つの魅力

私はクルーズ船の旅が大好きで、カーニバル社の船に16回乗船しました。料金が最も安いのに食事が美味しくイベントが充実しています。

カーニバルクルーズの他に一度は利用してみたいと思っているのが「ディズニー・クルーズライン」の客船です。料金はカーニバルの2倍以上しますが、そろそろディズニーの船にも乗ってみたい!

ディズニーワールドで働いていた時の同僚が、現在ディズニークルーズの乗務員をしているのですが、先日シェアしてもらった写真が素敵すぎて、ますます乗りたくなりました。

ほぼ毎航海、空室がゼロという驚異の人気を誇るディズニークルーズ!今日は、ディズニー・クルーズラインの5つの魅力について元同僚に教えてもらった話を紹介します。

 

 

 

ディズニー・クルーズラインとは

 

まずは簡単にディズニー・クルーズラインについて紹介します。

アメリカのウォルト・ディズニー社が所有する豪華客船です。2018年現在、ディズニー・ドリーム号、ディズニー・ファンタジー号、ディズニー・ワンダー号、ディズニー・マジック号の4隻の客船を所有しています。

主な就航地は、フロリダ州のポートカナベラルで、カリブ海の周遊クルーズを運行しています。ディズニーワールドリゾートから車で1時間ほど、マイアミからは2時間ほどの距離にあります。

 

 

 

ディズニー・クルーズラインの5つの魅力

 

 

1. 乗客も乗務員もディズニーが大好き

東南アジアの乗務員を除き、ほとんどの乗務員はディズニーパークでの就業経験があるそうです。

私がディズニーワールドに勤務していた時の同僚は、シンデレラ城の壁のタイルの数やスプラッシュマウンテンに使われている水の量など、役に立たないような情報まで知っている熱狂的マニアが何人もいました。

熱狂的マニアでなくてもほぼ全キャストがディズニー好きなので、休日になるとわざわざ自分が働いているパークに遊びに行くほどでした。

ディズニークルーズの乗務員もディズニーの熱狂的なマニアが多いそうです。だから自然と笑顔で素晴らしいサービスが提供できるのかもしれません。ファンの気持ちがわかるキャストに旅のサポートをしてもらえるのは、ディズニーならではかもしれません。

 

 

2.魅力的な船

クルーズの寄港地では、様々なクルーズ会社の船を見ることができます。

その中で最も目を引くのがディズニークルーズが所有する船です。

素人の私が見ても、まずペンキの塗り方の違いに驚きます。どのクルーズ船も船の下の部分はサビが目立ちますが、ディズニーの船はいつみてもサビがほとんどなく、まるで新品のようです。窓ガラスもピカピカです!

目につきにくい細かいデザインや装飾にもこだわりが見えて、船の内装も妥協がないものだと想像ができます。お金がかかってそうですね!

ディズニーは資金力があるので、素敵な客船を常に細部まで綺麗な状態で保つことができるようです。ゴージャスで綺麗な船は魅力的ですよね!

 

 

 

3.ディズニークルーズ限定がいっぱい

ディズニークルーズは、カリブ海のバハマに「キャスタウェイ・ケイ」と呼ばれているプライベートアイランドを所有しています。

島全体がテーマパークのようになっていて、ディズニークルーズに乗船しなければ行くことができません。

 

キャラクターのコスチュームもディズニークルーズ限定です。テーマパークでは見ることができない可愛いコスチュームを着たキャラクターと写真を撮ることができます。ショーももちろんクルーズ限定バージョンです。

 

さらに、船上ではディズニークルーズ限定の商品を購入することができます。可愛いグッズが沢山ありますよ!グッズは免税で購入することができます。

 

船内で結婚式をあげることもできるので、ディズニークルーズ限定のスペシャルな結婚式&ハネムーンをいうのもいいかもしれません!

 

 

 

4.キャラクターが独占状態

ディズニークルーズの船上では、キャラクターをあちこちで見かけることができるそうです。ディズニーパークと比較するとゲストの数に対してキャラクターの数の割合が非常に多いので、場合によっては人気キャラクターでもしばらくの間独占できてしまうほどのようです。

アメリカ人は日本人ほどキャラクターと写真を撮らないので(特に大人は)、日本人乗客が少ないディズニークルーズでは、キャラクターとゆっくり写真を撮る絶好のチャンスです!

キャラクターは時間帯や寄港地によってコスチュームを変えるので、キャラクター好きにはたまらないですね!

 

 

5.季節のイベントクルーズが盛り上がる

クリスマス、ハロウィーン、New Yearなど、季節のイベントクルーズが盛り上がります。

イベントクルーズは全く違う雰囲気が楽しめるのでリピーターでも飽きることはありません。船内の内装、キャラクターのコスチューム、料理、船内イベント、ショーなど、ガラッと内容が変わります。

アメリカのイベントの雰囲気を楽しみたい人は、イベントクルーズに合わせて乗船してみるのもいいかもしれません。

 

ディズニークルーズに乗船することができたら、またブログで紹介したいと思います。

 

関連記事:
✴︎マイアミ港で豪華客船のカーニバル・ビスタ号の船内見学をしてきた
✴︎ディズニーで教わった「Merry Xmas」はNGで「Happy Holidays」が適切な理由
✴︎ディズニーで教わった アメリカで成功したいなら名前で呼ぶことが絶対に必要

✴︎グランドスタッフに教えてもらった飛行機のビジネスクラスに無料アップグレードしてもらえるかもしれない方法
✴︎フロリダ州ネープルズにあるクラム パス パーク 静かで綺麗なビーチ