日本人でもアメリカでトップセールスマンと認められた5つの理由

英語力はそこそこ、特別な資格もスキルもない私がアメリカの平均年収以上を稼ぐには、営業職しかないと考え挑戦してみた新しい仕事。

無理だったら辞めればいいと軽い気持ちもありましたが、日本では営業所のマネージャーだったプライドもあり、内心は何とかなるだろうと思っていました。

会社からは、初契約まで早くて1週間以上、同日の複数契約までは1カ月以上と言われていましたが、仕事を始めて見ると想像以上に簡単で、私は初日に初契約、2日目は3契約で営業所のトップの成績を出すことができました。

私に全く期待していなかった上司は2日目から態度がころっと変わり、トップセールスマンと呼ばれるようになりました。

通信制の大学の学生でもあるので、パートタイムで働いていますが、3ヶ月経った今でも成績は順調です。

日本人でもアメリカでトップセールスマンの仲間入りができた5つの理由を紹介したいと思います。

 

 

トップセールスマンの仲間入りができた5つの理由

 

営業所には私以外にもネイティブでない営業員が数名いますが、8割以上はアメリカ生まれのネイティブです。

営業は話すことだけが仕事ではないので、英語力についてはコミュニケーションがとれる程度で十分だと分かりました。英語力はあくまでもツールの一つでメインではないと思います。英語は聞き取りさえできれば、話す内容はスクリプトを暗記してそのまま伝えればいいので、日本人でも割と問題なく仕事ができます。

日本人にはアメリカ人に勝る文化や習慣があるので、言語では負けていても、数字で勝つことはできると思います。

 

 

 

1. 日本人基準の身だしなみ

アメリカでいまだにカルチャーショックをうけるのは、アメリカ人の仕事中の身だしなみです。

レストランのウェートレスは長い髪を縛らない、爪は長い。不動産仲介人がジーンズにTシャツで接客する。医療従事者の香水がキツ過ぎる。・・・まさに自由の国アメリカです。

この服装をみてください。


実はこの写真、私の同僚の営業中の服装です!衝撃的ですよね!(プライバシーと会社情報等の関係で、こんな写真ですみません)

マイアミでは、ネクタイを締めている店員は、高級車のディーラーや超一流ブランド店ぐらいでしか見かけないかもしれません。

通常はポロシャツにチノパンであれば、それなりの身だしなみと判断されるように感じます。基準が日本と全く違うので、基本はかなりカジュアルです。

 

私の営業中の服装は、無地の襟付き長袖シャツ、黒いロングパンツ、黒いシンプルなヒールのない靴、肩まである髪はハーフアップにしています。

流行の洋服にハイヒール、素敵なネイルアートでオシャレをしている同僚がいますが、営業はオシャレより信用を勝ち取る印象作りが大事だと思うので、服装の違いは成績に大きな影響を与えると思います。

 

 

 

2. 約束や時間を守る習慣

大事な約束の時間に遅れそうな時、会社に遅刻しそうな時、みなさんなら走ったり、高くてもタクシーなどを利用したり、電話などで連絡したりしますよね?全力で間に合わせようと努力するのが日本人でだと思います。

アメリカ人というか、マイアミ周辺に多く住む中南米人のルーズさが超絶にヤバイのです。結婚式で花嫁や花婿の両親が1時間以上遅刻するのは珍しくないという特殊な街です。

約束や時間を守る習慣がない人が多いので、必死に時間内に達成するという努力ができないように思います。営業の仕事でも同じです。日本のように、契約がもらえるまで帰ってくるな!といわれたとしても、定時になったら罪の意識もなく帰ってしまう思います。

 

私の場合、「初日は契約が取れるまで帰らない。1週間以内に複数契約を達成する。」を目標に取り組みました。

初日はたったの1時間半で初契約を、2日目は3時間半で3契約を獲得しました。

営業ですので、目標を立ててそれに向かって全力で取り組み、達成が難しいと思ったときはあらゆる手段で全力で取り組む意気込みでやるべきだと思います。

スポンサーリンク


 

 

3. お客様は神様という考え

アメリカの接客では、お客様とスタッフは同等の立場であると考えます。お客様があっての企業、お客様=神様、という考えは基本的には持っていないと感じます。

日本人のように、お客様に対して必要以上に腰を低く対応は、アメリカでは必要ないと思います。なめられるだけで逆効果になる場合があります。
それでも、お客様目線で考え、お客様を大事にし、感謝の気持ちは忘れないで、お客様は神様という考えは常に持って営業活動をするよう心がけています。

気持ちの違いは必ず接客態度に現れますよね。同僚のように、お客様と言い合っているようでは、獲得できる顧客を逃してしまうだけです。逆に、お客様を大事にすれば、獲得見込みのない場合でも、契約に繋がることがあると思います。

私がアメリカで車を購入した際に、欲しかった車の担当営業員の対応がひどかったので、結局、営業員が良かったディーラーで決めました。

 

 

4. 準備の多さと無駄の少なさ

日本人の仕事は無駄が多くて効率が悪いと言われることがありますが、営業の面では大きなプラスになっていると思います。

準備8割行動2割と言いますよね。あらゆる可能性に備え、必要以上に準備に時間を費やすことで、契約までの段取り全てにおいて一切の無駄がない対応ができると思います。

同僚の仕事ぶりをみていると、準備不足による無駄が目立ちます。ペンのインクがなくなったから代わりのペンを探しに戻ったり、名刺を忘れた、携帯の充電が切れそうなど、小さな無駄が多くて契約が飛んでしまったケースもありました。

 

 

 

5. 究極のポジティブ思考

私の一番の強みは究極のポジティブ思考であることだと思います。

そもそもポジティブでなければ、日本人が英語でアメリカ人相手に営業ができるわけがないですよね。

私が話していると、何言ってるの?!と言う顔をするお客様もいれば、挨拶をしても返事すらしてもらえないこともあります。

私はポジティブな対応でマイナスをプラスに変える能力に長けていると、上司に褒められたことがあります。

ポジティブに考え対応することで面白いほど営業が上手くいきます。ポジティブな性格が良い営業成績に繋がっているのは間違いないと思います。

 

 

日本人が海外で営業の仕事に就くとき、どうしても英語力が不安要素になってしまうと思います。

実際には、日本の基準で営業をすれば、現地人より結果を出すことは十分に可能だと思います。あとが、多少のことがあっても、ポジティブで乗り切れば何とかなります!

海外で営業職に挑戦しようと思っている方、ぜひ自信を持って頑張ってください!

 

スポンサーリンク

 

関連記事:

✴︎駐妻が年収560万円に挑戦する理由と夫が10年で5千万円を貯めた話

✴︎アメリカで営業の研修に参加して驚いた 日本の営業会社との違い