アメリカで営業の研修に参加して驚いた 日本の営業会社との違い

私がはじめた会社の本社はマイアミから車で1時間ほど北にあるFt. Lauderdaleという都市にあります。

スペイン語ばかり聞こえてくる移民の街マイアミとは違い、英語が通じやすい地域です。

2日間の研修が終わりました。フロリダ政府に委託された仕事で、私は営業を担当します。

日本ではマーケティング会社の営業所で働いていたので、今回の研修で感じた日本とアメリカの営業会社の違いについて紹介します。

 

 

 

アメリカの営業会社が勝る点

 

英語がネイティブでなくても誰も気にしない

一番驚いたのは、私の英語がネイティブでないことに対し、誰も全く気にしていない事です。

日本では、日本語が堪能な中国人のスタッフが営業所に加わった時には、言語の面で難しいと決めつけてしまっていました。

移民が多いアメリカでは、外国人の労働は何も特別なことではないので、言語レベルは誰も気にしていないのです。

 

 

超自由で超カジュアル

初めての研修では、集合場所と時間以外は何も聞かされていませんでした。

あらゆる状況に備えて準備万端で参加しました。筆記用具はもちろん、携帯充電器、タオル、ボトルの水、エナジーバー、歯ブラシをもって、服装はスーツでバッチリきめて行きました。

集合時間の30分前には到着し、5分前に集合場所に行きました。私が一番着でした。

 

研修が始まると、営業会社とは思えないカジュアルな服装の人が多く、まるで友達の家にアポなして遊びに来た雰囲気でした。

集合時間はバラバラで、気づいたら研修が始まっていました。

ルールはなく、上下関係もなく、服装もカジュアルで自由でストレスフリーの環境です。私のようにある程度の年齢で自己管理ができる人には良い環境かもしれません。

 

レストランで食事がメインの研修

週に2度ある研修ですが、会場はなんと会社の経費で毎回レストランです。頻繁にお店を変えているようで、研修というより食事会です。

食事だけ済ませて帰る人もいて驚きです。

研修は一時間ですが、ある程度人数が揃うのに1時間はかかるので、お店には3時間ほど滞在し、研修らしいことをするのは30分程度です。

気分転換としてはいい研修かもしれません。

 

とにかくフレンドリー

日本との一番の違いは、フレンドリーさだと思います。

営業所に限らず日本の企業では、新人に対して自ら挨拶行く人は少ないように感じます。

アメリカの営業所では皆さんとてもフレンドリーです。プライベートの話で研修の時間が終わってしまうほどです。

 

プレッシャーが全くない

ルールさえ守ってくれれば好きなようにやってくれればいいから!と言われています。月間目標などなく、プレッシャーは全く感じません。ストレスの少ない職場環境だと感じました。

 

スポンサーリンク


 

 

 

日本の営業会社が勝る点

 

 

時間の無駄が少ない

集合時間や研修の段取りなど、日本では時間通り進むので、時間の使い方に無駄が少ないと感じます。

 

目標が明確

営業は結果が全てなので、目標を明確に立てる日本のやり方は、営業員にとって報酬面で大きなプラスになります。

目標を立てなければ、営業職は特にだらけてしまうと思います。

 

 

私は日本とアメリカの営業会社の良いところだけを取り入れて、マイペースにやっていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

関連記事:
✴︎アメリカ駐妻が海外赴任中にやるべき5つのこと
✴︎これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点 
✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う
✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる
✴︎駐妻が年収560万円に挑戦する理由と夫が10年で5千万円を貯めた話

駐妻が年収560万円に挑戦する理由と夫が10年で5千万円を貯めた話

駐在妻としてマイアミに移住して1年が経ちました。

現在、マーケティング会社の契約社員として働いています。(Lビザで渡航する場合EAD取得で就労が可能)

業務の期日さえ守れば、勤務日や時間帯は自分で決めることができます。私は通信制大学の学生ですが、試験や課題で多忙な時期に仕事量を調整することが出来ますし、一時帰国などの理由で1ヶ月の長期休暇を取得することも可能です。

英語はそこそこ、スペイン語はゼロ、大した資格がない私にとっては、マイアミでこれ以上条件のいい仕事は他にないと思っています。

駐妻がアメリカで働いているだけで日本人はほめてくれますが、アメリカで私の評価は決していいとは言えません。

(日系企業の駐妻の皆さんは数年後には帰国することが前提なので専業主婦でも何の問題もありません。)

 

アメリカ永住を予定している私たち夫婦ですが、この1年で多くを学び、新たな目標ができました。

私個人としては、駐在員基準ではなく、現地人の平均以上の基準で認められるように、まずは収入の大幅アップに挑戦したいと思います。

今日は「駐妻がアメリカでガッツリ稼ぎたいと思うようになった理由」を紹介します。

 

 

 

駐妻が年収$50K(560万円)に挑戦する理由

 

10年で5千万円を貯めた夫

夫は義父母の事業失敗で、電気を止められたこともあるほどの超極貧生活を幼少期から10年ほど経験しました。1日1食という日もあったそうです。

大学卒業後は、看護師といくつものアルバイトを掛け持ち、なんと、10年間で約5千万円を貯め、姉弟の学費と親の借金の一部を返済しています。もちろん健全な仕事のみで!

私と出会うまでは恋愛すらせず、タバコやお酒も未経験、早く両親を楽にさせてあげたいと年間の休みは1日〜5日しか取らなかったようです。スニーカーの底に穴があいていることに気付く余裕すらなかったほど、死ぬ物狂いで働いてきた、まさに仏のような人です。

今はお金に困ることはありません。それでも、夫がアメリカで大学院に通い始めてから節約を意識する生活が始まりました。夫にとっては、またお金の心配が始まってしまったわけです。

夫ばかり必死に働き、私が楽をしていてはバチが当たるような気がしてなりません。

私ががっつり稼ぎたいと思った一番の理由は、夫の負担を減らしてあげたいと思ったからです。

夫には言っていませんが、2018年3月からの一年間で、アメリカの平均年収を超える$50k($50,000)、日本円で560万円以上を稼いでみせる!と目標高く頑張っています。

 

 

アメリカでの妻自慢

私がアメリカで一番苦手な時間….夫の同僚との食事会です。

アメリカでは配偶者の自慢がすごいのです。特に日本と違うと感じるのは、妻を自慢して褒めまくること。食事会では、誰の妻が一番優秀かを競い合っているかのように、仕事のこと学歴のこと、あらゆる面で妻を自慢し合っています。

日系企業の駐妻は専業主婦でも全く問題はないと思いますが、私がいる環境では状況が違います。子供がいないのに専業主婦ということは、アメリカで働く能力や資格がないと判断されてしまいます。

 

 

低いクレジットスコアによる社会的信用度の低さ

夫は自動車免許を取得する時間すら取れず、仕方なく、一足先にフロリダの免許を取得した私の名義で車を購入しようと考えていました。

アメリカでは個人の社会的信用度を示すクレジットヒストリーというものがあります。クレジットのポイントを貯めて信用度を上げるために、車は現金一括ではなく、わざわざ利子を払ってリースまたは購入するのが一般的だそうです。毎月支払いをしっかりする事でクレジットスコアを上げることができ、将来マイホームなどの大きな買い物をした時に安い利子でお金を銀行から借りることができるというわけです。

私は、移住後しばらくして仕事に就いたので、クレジットカードの申請がすぐには通らず、クレジットスコアがほとんどありません。

クレジットスコアがないと金銭面で社会的な信用が低いと判断されるので、車を売れないと言われてしまいました。昨年は5カ月しか働いていないため、年収が少なすぎたことも要因のようです。

別のディーラーでは、お金を貸してくれる銀行をみつけてくれましたが、11.3%という信じられないほどの高い利子を提示してきました。

ローンで車を購入することはクレジットポイントを一気に貯める絶好のチャンスなので、銀行のアドバイスもあり夫の名義で購入する事にしました。

 

車の購入だけでなく、アパートの引っ越しでも苦労しました。

先日別のアパートに引っ越しをしたのですが、私の収入が不安定すぎるため、あらゆる事を調査され、何と審査に2週間もかかりました。

フロリダ州の犯罪歴だけでなくアメリカ全土の犯罪歴の確認、クレジットスコアは3回も確認され、雇用証明書、過去半年の給与明細、日本での経歴と年収、結婚証明書までも提出し、最後には面接までもありました。信じられません。

マイアミでは、家電付きのアパートで家具と一緒に夜逃げすることが頻繁に起こっているらしく、半年の家賃を前払いするケースもあるようです。

私は、ここ半年で2回も長期間一時帰国したことで収入が少なく、不自然だと言われました。通信制の大学の学生証と国際学生証を提示して学生アピールをしましたが、アメリカではフルタイムの仕事と学業を両立している人が多いので、学生アピールも効果がありませんでした。

悲しくなるほど信用されていない私です。

アメリカで信用を勝ち取るには、安定した職につき、まずはクレジットカードでしっかりとしたクレジットヒストリーを作ることから始めなければいけないと痛感しました。

 

 

今が転職のチャンス

今後、いざ出産となった場合、夫と私にはアメリカで頼れる身内がいません。家族のサポートを期待することは難しそうです。

マイアミでは、保育料が月に15万円というのは当たり前のようなので、例えば子供が2人の場合、保育料に月30万円、年間360万円ほどの負担がかかる計算です。

それであれば、目標年収$50K(50,000ドル)の560万円を稼せばいいだけだ!という結論にたどり着きました。アメリカの多くの家庭は、ある程度の子育てはお金で解決しているようです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

就職活動を開始

 

仕事はあっても低賃金の仕事ばかり

アメリカは超学歴社会です。学歴が低く英語がネイティブでない場合、高賃金の仕事に就くのは至難の技です。

アメリカである程度の収入を得るには、英語力以外にも、学歴、職歴、スキルが必要になってきます。

私はまず、 indeed、Monsterなどの求人サイトに履歴書を登録してみました。36歳にもなると仕事の経験だけは豊富なので、41社からオファーがありました。

その大半は、少しでも条件が合う人にオファーを出しまくっているような企業でした。

面接を受けてみた企業は全て内定をいただきましたが、待遇面で条件が合わず辞退しました。改めて、アメリカでは英語力、学歴、職歴、スキルがある程度なければ低賃金の仕事しかできないのだと痛感しました。

日系企業には直接履歴書を送ってみましたか、パートタイムの仕事しかありませんでした。日本語を使えるフルタイムの仕事は結局一つも見つかりませんでした。

 

資格無しでできる高収入の仕事

やりたい仕事ではなく、稼げる仕事を探してみる事にしました。

アメリカで稼げる仕事のランキングを検索してみると、IT、医師、薬剤師、歯科医師、看護師、弁護士・・・資格が必要な仕事ばかりです。

トップ20にランクインしている仕事で私にもできそうな仕事が2つありました。

一つ目は10位の不動産仲介人の仕事です。引っ越しでお世話になった不動産仲介人にも勧められましたが、ちょっとした資格が必要なようです。

二つ目は14位の営業員です。移住前、日本での前職はマーケティング会社の営業所のマネージャーでした。

今回オファーがあった仕事の8割は営業職だったので、その中で決めることにしました。

といってもここはアメリカ。ネイティブでない私が営業で結果を出せるのか自分でも興味深々です。日本では、日本語がネイティブに近いレベルでなければ、長くは続けられない職種だと思います。

内定をいただいた会社の研修をうけてきました。この仕事については次のブログで紹介します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎これで毎回スカイプ面接を成功させている!事前準備と注意点 
✴︎スペイン語必須の求人に応募したらSkype面接の連絡がきた
✴︎英文履歴書は和文履歴書と違う
✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる
✴︎ネイティブでないのに英語を上手に話す人に共通すること
✴︎日本人のモノづくりへのこだわり アメリカ人との異なる文化と考え方
✴︎ディズニーワールドで教わった「Merry Xmas」はNGで「Happy Holidays」が適切な理由