T-mobileのポストペイド契約方法 T-mobileを絶対にオススメしたい理由

これからアメリカに生活拠点を移す人にぜひオススメしたいT-mobile。

アメリカの携帯電話事情を知らず、適当に契約すると損をしてしまうので、私が調べた情報を参考にしてみてください。

T-mobileは、日本でも追加料金なしでインターネット(LINEも含め)やテキストのメッセージが利用ができる驚きのサービスを提供している唯一の大手企業です。

今日は、以前ショップで申し込みをしたプリペイド契約を、電話でポストペイド契約に変更しました。新規申し込みの手続き方法も合わせて紹介します。

 

プリペイドとポストペイド契約の違い

 

プリペイドは、SSN(ソーシャルセキュリティー番号)がない旅行者などでも簡単に契約ができ、事前に1ヶ月単位で料金を前払いして利用するサービスです。

 

ポストペイドは、日本で携帯電話を契約する場合と同様に、毎月利用した料金が自動に引き落とされる契約です。日本の契約と異なる点は、2年縛りなどの違約金が発生する契約期間がないということです。

日本でも追加料金なしでインターネットやテキストのメッセージが利用ができるサービスは、ポストペイドの契約になります。

 

 

ほとんどの人は4G $45のプリペイドで十分

 

個人的なアドバイスですが、正直4G $45のプリペイド契約で十分です。

家族2人で契約をすると一人$40というプランや、6Gで一人$55というプランもあります。

自宅のWi-Fi環境が整っているのであれば(無線でWi-Fiに繋げてインターネットを無制限で利用できる)、外出時に4Gで足りなくなることは普通考えにくいのでプリペイドがオススメです。(外出時に子供に動画を見せている場合はポストペイドがいいかもしれません)

例えば、プリペイドの場合、一時帰国中の1ヶ月は支払いをストップすることができます。アメリカに戻ったら同じ電話番号を継続して利用できるので、節約家には素晴らしいサービスです。

プリペイドに向いている人:
・通信費を節約したい人
・外出時に動画やゲームを頻繁にしない人
・自宅のWi-Fi環境が整っている人

SIMフリー携帯電話でT-mobileプリペイド契約」についてはこちら!

 

 

日本で追加料金なしでネットとテキストメッセージが利用できる唯一の大手企業

 

T-mobileポストペイドの一番の魅力は、140カ国以上で追加料金なしでインターネットが使い放題であることです。テキストメッセージも無料です。カナダやメキシコに限っては、通話も追加料金なしです。

注意:日本でネットやテキストを利用する場合、速度が128kbpsと非常に遅いため、ウェブの閲覧などであってもストレスを感じるレベルです。

 

現在提供しているポストペイドのサービスは「T-Mobile ONE™(One plan. All unlimited.)」というプラン名で、「通話・ネット・テキストがこれ一つで全て無制限!」を売りにしているようです。

月額料金は自動引き落としで月額$70(税金、その他諸経費込み)ですが、家族2人で契約すれば一人$60、4人であれば一人 $40など、お得なプランもあります。

 

アメリカン航空など、Gogo Wi-Fiサービスを提供している航空会社の機内では、テキストも無料で使えます。飛行機の中から無料でメッセージが送れるのです!

読者さんから教えていただきましたが、「Binge Onで動画見放題」もサービスに含まれているようです。

アメリカの携帯会社大手のAT&TやVerizonですら提供していない驚きのサービスが盛りだくさんです!

スポンサーリンク

 

 

T-mobileは電波がいい

 

夫は会社が支給しているAT&Tの携帯電話を使用しています。AT&Tは日本でいうNTTのような会社です。

Verizonについては分かりませんが、人が多いショッピングモールや車での移動中など、AT&Tの電波は決して良いとは言えません。

一番困るのが、配車サービスのウーバーやリフトを利用する際です。運転手の車の動きにAT&Tが追いつかず、車が約束の場所に到着しているのにアプリではあと2分で到着などと表示されるので非常に不便を感じます。

夫とウーバーを利用する際は、私のT-mobileを使うようにしています。

 

 

T-mobileポストペイド契約方法

 

プリペイドからの切り替えであれば電話が早くて簡単です。新規申し込みの場合、SIMカードの挿入手続きがあるので、ショップでの申し込みが早くて便利です。

 

①電話をかける/ショップに行く

1-800-T-MOBILE (1-800-866-2453)です。24時間対応してくれます。T-moibleはすぐに担当者に繋がります。

新規申し込みの場合は、SIMカードの受け取りなどの面でショップでの申し込みがオススメです。

 

 

②用件を伝える

どのプランで申し込みをしたいのか用件を伝えてください。パンフレットは一切ないので、英語に自信がない人は事前にスクリーンショットなどでウェブページの情報を持参できるように準備をしておくと良いかもしれません。

 

③Creditの確認がある

ポストペイドはアメリカ在住者のみ申し込みが可能です。申し込みに必要な情報の確認があります。

・名前
・SSN(ソーシャルセキュリティー番号)
・写真付きIDの番号(パスポート、アメリカの運転免許証など)
・自宅住所
・生年月日

 

④電話番号の発行とセキュリティー番号

プリペイドで使用していた電話番号をそのまま移行してもらいました。

新規申し込みの場合、ここで番号が発行されます。

4桁のセキュリティーコードを聞かれるので、準備しておいてください。

 

 

⑤新規申し込みの場合はSIMカードの挿入

新規申し込みの場合は、T-mobileのSIMカードを挿入する作業が発生します。ショップで申し込みをすれば、店員さんが担当部署に電話をかけSIMカードの設定を手伝ってくれます。数分で設定は完了します。

電話で新規申し込みをする場合、SIMカードは後日自宅に郵送してもらうか、自分でショップまで取りに行くかの方法があります。

自宅に郵送してもらった場合、カスタマーケアーの担当者に電話で設定してもらう必要があります。

 

⑥携帯電話を再起動する

最後に、携帯電話を再起動して設定完了です。

 

 

 

ポストペイドに変更をした理由

 

アメリカには、「クレジットヒストリー」という日本人には理解が難しい不思議な仕組みがあります。

クレジットカードで商品を購入し、毎月期日までにしっかり返済をすることで(銀行に借金をしたことになるので)、クレジットヒストリーのポイントが貯まり、社会的信用度が上がります。

アメリカ社会において、信用度を示す必要不可欠なもののようです。

私は駐妻として渡米しましたが、今後、夫と共にグリーンカードの申請を行います。今後、アメリカに永住を考えているので、一般的な駐妻とは違い、しっかりとしたクレジットヒストリーを作っている必要があると考えました。

渡米してそろそろ1年が経過し、先日申請したクレジットカードの審査がやっと下りました。新しいクレジットカードでクレジットヒストリーのポイントをこれから貯めることになります。

銀行員が、クレジットヒストリー上手に作るには、毎月支払いが発生する光熱費や携帯電話の支払いをするといいとのことでした。プリペイドより、ポストペイドの携帯電話の方が、ポイントが貯まりやすいようです。

 

スポンサーリンク

 

関連記事:
✴︎アメリカのクレジットヒストリーとクレジットカードを使う2つの目的
✴︎日本でAMEXゴールドカードを持っていたがアメリカのAMEXの審査に落ちた
✴︎SIMフリー携帯電話でT-mobileプリペイド契約
✴︎アメリカCHASE銀行で口座開設 駐在員家族は現住所証明書類に注意
✴︎アメリカの信用共同組合Credit Unionで口座開設ができなかった 銀行との違い
✴︎渡米したら一番にすること!ソーシャルセキュリティーナンバー 取得方法

アメリカ生活で気づいたアメリカと日本の接客業の違い

マイアミに移住して11ヶ月が経ちました。

私は海外での就業や留学の経験があるので、生活面で不便はありませんが、今でも日々カルチャーショックを感じています。

まだ頭の中が日本人の感覚のままで、新しいことに挑戦するたびに文化の違いにイライラしてしまうことがあります。もちろん、アメリカの方が優れていると感じることもあります。

今日は「日本人の感覚からみたアメリカと日本の接客業の違い」について、私がカルチャーショックを受けたことをズバリ感じたままに紹介したいと思います。

 

 

 

人種・国籍・性別・年齢・障害を理由に雇用を決定できないアメリカ

 

アメリカでは採用時に人種・国籍・性別・年齢などを理由に雇用を決定することができません。

履歴書にこれらの情報を記載することはないですし、モデルなどの特殊な職種以外は写真を貼り付けることもありません。

では、具体的に紹介していきます。

 

 

コスメブランドM·A·Cに男性店員

コスメブランドのM·A·Cでは、スキンヘッドでいかつい男性店員が女性客にメイクを施していました。

できれば女性の店員さんにメイクをお願いしたいと思ってしまう日本人は多いかと思いますが、アメリカ人は全く気にしていないようです。

日本ではテレビで男性のメークアップアーティストを見かけることはあっても、化粧品売り場で男性店員の姿を見ることはないですよね。

 

 

おばちゃんと呼びたくなるような航空会社の客室乗務員

アメリカの航空会社を利用すると、思わず振り返って確認してしまうほど高齢の客室乗務員を見かけることがありますよね。

アメリカでは定年がないことが原因だと思います。

私がもっと驚いてしまうのは、オーバーサイズで動きが鈍い、ほぼノーメーク、髪の毛ボサボサ、という意識が低そうな客室乗務員です。

空の上では安全第一なので、客室乗務員の年齢や容姿はそれほど重要ではないかもしれませんが、さすがにイメージと違いすぎて驚いてしまいます。

もちろん、女優さんのようにスタイルも顔も抜群で、女性の私も見とれてしまうような客室乗務員もいます。アメリカは個性が重要なのでしょうか。

 

 

聴覚障害者のウーバー運転手

配車サービスのUber(ウーバー)は、難聴や完全に聞こえない全聾(ぜんろう)などの聴覚障害者の運転手を採用しています。

先日、友人がUberの依頼をした際に、スマートフォンに写真のメッセージが届きました。

「運転手は聴覚障害者です。連絡が必要な際は電話ではなくメッセージでお願いします。」といった内容です。

はじめは驚きました。でも、よくよく考えてみると、ウーバーは利用者がアプリで目的地を指定し、あとは運転手がアプリの指示通りに運転するだけなので、聴覚障害者であっても問題はありません。

そもそも、マイアミではスペイン語しか話せない運転手は多いので、障害はなくても会話がゼロということもあります。

 

 

接客業でも英語が堪能とは限らない

 

日本人の感覚だと、英語が堪能でなければ接客ができないと思っている人は多いと思います。私もそう思っていましたが、実際には英語が堪能な人ばかりではありません。

夫のマイアミの歯科医師は英語がほとんど話せませんし、ロサンゼルスの医師もネイティブではありませんでした。

アメリカン航空のパイロットの英語のなまりがかなり強かったですし、客室乗務員も英語がネイティブとは限りません。

夫の大学には移民の教授が何人もいて、一番英語が堪能でない教授は、夫が心配してしまうほど言語で苦労している様子が伺えるようです。

日本人は英語力にコンプレックスを持っている人が多いと思います。でも実際には、私たちが想像するよりずっと多くの人がアメリカで生活をしていても英語が堪能ではないです。接客業であっても同じです。

 

 

お客様の目の前で食べ物を口にする

 

アメリカでは、営業時間中に従業員がお客様と一緒の空間で食事休憩をしている様子を頻繁に目にします。

個人営業のレストランだけでなく、大手チェーンでも同じです。

先日中華レストランに入店した際、食事をしていた女性が私たちの方にやってきて、口一杯に食べ物が入ったまま「いらっしゃいませ!お好きな席にどうぞ!」と言ってきたときは、思わず夫と顔を見合わせてしまいました。

 

仕事で地元のホテルを訪ねた際、思わず写真を撮ってしまいました。

フロントの女性が、朝食を食べながら接客や電話対応をこなしています!

こそこそ食べることもしなければ、電話中もマフィンをデスクに置くことすらしません。

アメリカではホテルのスタッフに限らず、ショップのレジ店員、試着室のスタッフ、メガネ屋の店員、アパートの管理人、デパートの店員、まだまだ他にもあるぐらい、割と頻繁に接客中に飲食をしている人を目撃します。

見ている私が周りの目が気になってドキドキしてしまいます。

スポンサーリンク

 

 

スタッフを全力で守る

 

以前アメリカで接客の仕事をしていた時、「あの日本人スタッフの態度が気に入らないからマネージャーと話がしたい」というクレームがありました。私もその場にいましたが、日本人は一人だけだったので私に対するクレームです。

通常、まずはスーパーバーザーが話をし、解決できない場合はアシスタントマネージャー、最終的にマネージャーが対応する決まりになっていました。大ボスは相当なことがない限り出てきません。

偶然オフィスにいたマネージャーが大声で怒鳴っているお客様のクレームを耳にし、すぐにお客様のところへ行き、このようなことを言ったのです。

「日本人とは私の部下の○○のことですよね。彼女は日本人ですよ!彼女が不機嫌になったり失礼な態度をとったりしたことなど一度もありません!」と謝罪を一切することなく言い切ったのです。

私を信用して守ってくれた嬉しさより、全く想像のできない対応に驚いて、開いた口が塞がらないとはまさにこのことです。びっくりでした。

正直なところ「とりあえず謝まればいいのに」と思ってしまいました。アメリカではスタッフを守るのも管理者の役割のようです。

 

日本人の友人も似たような経験をしています。

彼女は、アジア人が多く住む地域でコスメブランドの販売員として働いていました。

白人のお客様が接客中の友人にこのようなことを言ったそうです。
「この街はアジア人ばっかりね。どうしてこんなにアジア人が多いのかしら?」

アジア人に対するイヤミであることに全く気づいていない友人は、
「どうしてでしょう。本当にアジア人ばかりですよね!」と笑顔で返したそうです。

すると、白人の店長がお客様に対し「私のスタッフを差別するようなお客様はおかえりください!」と怒鳴りつけ、追い出したそうです。

 

日本ではお客様が神様という感覚で接客することが多いですよね。

お客様を完全否定し、スタッフを守ってくれる店長はかっこいいですね!

 

 

 

まとめ

 

日本とアメリカでは、特に接客業において求められる基準値が随分いますよね。

日本の基準が異常に高いことで、アメリカで仕事をする面ではやりやすいと感じています。当たり前のことをすれば褒められますし、多少の常識はずれの行動は、アメリカの常識の範囲内であることがよくあります。

日本人としての基準値を忘れず、アメリカの良さも真似れば世界中どこでも通用できる人間になれるような気がします。

スポンサーリンク

 

関連記事:

✳︎これだから日本人は海外で嫌われる 日本人が海外でなじめない3つの理由
✳︎絶対に真似したくないアメリカの文化と習慣
✳︎ヘアドネーションで31cmの髪の毛を寄付してみた!メリットとデメリット
✳︎フォークス・オーバー・ナイブズ!健康に対する関心と不安が高まるDVD
✳︎アメリカの赴任先企業のBiometric Screening 健康診断について
✳︎生きる乳酸菌で虫歯の予防だけではなく口臭や口内炎まで改善
✳︎アメリカ人はハゲを気にしないなんて嘘!海外で植毛にかかった手術費

 

絶対に真似したくないアメリカの文化と習慣

アメリカで長期的に生活をすると、現地の良い習慣を身につけて人間として成長できるのではないでしょうか。大きなメリットがあると思います。

赴任から帰国して、日本で自然にレディーファーストができる素敵な男性っていますよね。

 

現地の習慣を身につけることはデメリットもあるので注意が必要です。あまり現地の社会や文化に溶け込んでしまうと、帰国の際に恥ずかしい思いをすることがあります。

今日は、真似したくないアメリカの文化と習慣について紹介したいと思います。

 

 

 

買い物中に勝手に試食する

 

日本人の感覚では信じられないことなのですが、アメリカ人は買い物中に商品を開けて勝手に試食をします。

さすがに、ツナ缶を開けて試食する人は見たことはありませんが、フルーツや量り売りのスナックの試食はよく見かけます。

 

先日、パックに入ったブドウを購入したところ、帰宅して開けてみたら、ブドウ1房の半分が食べられてました。奥にある商品を選んで購入した方がいいかもしれません。

ハンドクリームなどの食品以外の商品も試している人がいるので、開けられていないか確認も必要です。

 

 

会計前に店内で食べ始める

 

こちらも初めて見かけた時は衝撃的でしたが、アメリカ人はスーパーマーケットなどのショップで支払い前に商品を店内で開けて食べるのです。

子供にまで食べさせてるのをみると、さすがに教育上やめてほしいと思ってしまいます。

 

はじめは、しつけやマナーがなっていない一部の人や貧困層だけの習慣だと思っていましたが、そうでもなさそうです。高級スーパーでも、マイアミ以外の都市でも目撃しましたし、品格がある美女までも普通に食べていました。

日本人が、「文房具店で試し書きしたペンをそのまま購入する」ぐらいの感覚なのかもしれません。どうせ買うんだから!と思っているようです。

 

 

飲み物=炭酸飲料

 

日本では食事中にお茶やお水を飲むことがほとんどですよね。アメリカでは飲み物=炭酸飲料と言って良いほど、炭酸飲料の種類が豊富です。

アメリカのレストランでは甘くないお茶の選択肢がほどんどなく、ホームパーティーなどでも炭酸飲料しか選択肢がないこともあります。

体に悪いものは美味しくて中毒になりやすいので、炭酸飲料は飲み過ぎに注意ですね。

年中温かい緑茶を飲んで育った私にとってはヘルシーなお茶が一番です。日本から送ってもらったお茶を大事に大事に毎日飲んでいます。ありがとうございます♡

スポンサーリンク

 

 

足グセの悪さ

 

老若男女問わず、アメリカ人の足グセの悪さはなかなかです。

今は慣れてしまい驚くことはほとんどありませんが、印象に残っている場面をリストアップしてみます。

・大学の教授が机に座って授業
・大学の教授が座りながら足を机に乗せて授業
・椅子に座っていて振り向くと後方者の靴を履いた足が顔の横にある
・夫の会社に行くと同僚の女性も椅子の上であぐらをかいている
・テレビを見ながら飲み物が置いてあるテーブルに靴のまま足を乗せる

アメリカではビジネスの場でも足を組むのは普通ですよね。日本ではNGなので気をつけなければいけません。

 

 

貧乏ゆすり

 

日本だと注意される貧乏ゆすりですが、アメリカでは悪い習慣だと思われていないようです。

貧乏ゆすりをしている人を頻繁に見かけますが、個性ということで受け入れられているのかもしれません。一度指摘したことがありますが、指摘されたことに驚いていました。

 

 

土足OKの生活

 

今まで訪問したアメリカ人の家庭のほとんどは、「1階のみ土足でもOK」といった感じでした。でも実際には特に決まりはなく、「まあ、2階も土足でもいいよ」と結局どこでも土足でもいい様子です。

日本のように、散歩から帰ってきた犬の足を拭いてから家にあげるなど、聞いたことがありません。犬種にもよるかもしれませんが。

アメリカ人は靴を履いたままソファーで寝転がったり、じゅうたんの上を歩いたりするぐらいですから、細かいことは気にしていません。

 

アメリカの我が家の場合、入り口で靴を脱いでもらっています。それほど神経質にならず、スーツケースなどはキャスターが汚れていても家中コロコロ移動させています。

日本の友人宅に泊まった時、すっかりいつもの癖で汚れたスーツケースを畳の部屋で転がしてしまい、無神経だったことに反省しました。

汚いものは玄関までという習慣は忘れてはいけませんね。

 

 

クレーマーになる

 

アメリカでトラブルがあった際、伝えなければ問題がなかったという判断になり、泣き寝入りをすることになります。言わないと本当に損をします。

ちょっとした事だから、英語で面倒なのでそのままでいい!と思うかもしれませんが、アメリカはまあ頻繁にトラブルが起こりますので、その都度クレームを言った方がいいように感じます。

日本では、クレーム対応には上司との相談が必要な場合が多いですよね。その点アメリカでは、本人に一任されていることが多いので、その場ですぐに解決することが多いと思います。

アメリカ生活が長くなると、トラブルが多い分、すぐにクレームを入れる習慣がついてきます。

クレームが習慣になると、日本でもちょっとしたことでクレームを入れるようになるので、母親にクレーマーだと言われます。気をつけた方がいいですね。

 

 

アメリカでの生活は成長できるチャンスです。

日本の良い文化や習慣は残しつつ、アメリカの良いところだけを身につけることができればいいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✳︎ヘアドネーションで31cmの髪の毛を寄付してみた!メリットとデメリット
✳︎フォークス・オーバー・ナイブズ!健康に対する関心と不安が高まるDVD
✳︎アメリカの赴任先企業のBiometric Screening 健康診断について
✳︎生きる乳酸菌で虫歯の予防だけではなく口臭や口内炎まで改善
✳︎アメリカ人はハゲを気にしないなんて嘘!海外で植毛にかかった手術費