マイアミの警察官に教えてもらった 身を守るのに気をつけるべき3つのこと

空港で仕事をしていると日々多くの人と出会い新しいことを学ぶことができます。

今日は、マイアミ在住の警察官で父親も祖父も元警察官という、一家とお話をする機会がありました。男性陣全員がムキムキでダンディー!

渡米して半年ほどであると伝えると、治安が悪いと言われているマイアミで身を守るために最低限必要な3つのことを教えてもらいましたので、シェアしたいと思います。

 

 

①夜は外出しても車の外に決して出ない

 

家族全員が守っている3つの約束の一つ目は、夜の外出を控え、外出しても決して車の外に出ないということです。

夜のガソリンスタンドの犯罪率が高いので、夜間の給油は緊急時以外は絶対にNGのようです。給油で外に出ている時に声をかけられトラブルや事件につながることがあるからです。

窓ガラスをノックされて開けるように言われても、決して開けては行けないそうです。ガソリンスタンドには防犯カメラがあるから安心だと思わない方がいいようです。

以前「アメリカはドライブスルー大国 ドライブスルーが多い4つの理由」で紹介した通り、郵便ポストや銀行のATMまでもドライブスルーであることに納得ですね。

 

 

②話しかけられたら答えはNO

 

アメリカの道端で誰かが近寄って来て、こんなことを言われたことはないですか?

Do you have a dollar? 
Can you spare some change?

少しの金額であってもお金を求められた場合、Noと必ず言うようにいわれました。

日本人の場合、英語が理解できず何度も聞き直して、結局断れなくなってトラブルに巻き込まれる可能性もあると思います。

見知らぬ人から話しかけられた時、英語がわからなければNoと言った方がいいですね。

英語がわかる場合は状況によりますが、明らかに相手の身なりや雰囲気が怪しい場合は必ずNoと言うようにとアドバイスをもらいました。

日本人はNoと答えるのが苦手であると話すと、笑ってしまいますが、あらゆる状況での断り方を警察官一家の前でロールプレイで練習までしてもらいました。大変ありがたいですが、かなり他の空港利用者からも注目されていました。

 

 

③相手をキレさせない

 

相手がどのような態度であっても、どれだけイラっとすることを言われても、相手をキレさせるような態度や言葉を返すことはしてはいけないそうです。

特に相手にお酒が入っている状況だと判断力が鈍り、相手がキレた瞬間に銃を突きつけられる可能性があるからです。

 

スポンサーリンク

 

常識ある行動をしていれば大丈夫

 

散々アメリカの犯罪について教えてもらったのですが、最後に言われたことは、常識のある行動をして入れば犯罪に巻き込まれることはほとんどないので安心するように言われました。

実際、私は海外に6年以上すみましたが、夜に外出することはほとんどなく、一度も犯罪に巻き込まれたことはありません。

普段の生活の中で、少しの緊張感を持って、常識ある行動をするよう意識することが大切なのだと思いました。

 

日本にいる時から使っている防犯アラームがあります。アメリカに来て電池切れになって使っていませんが、これを機会に電池を買ってまた使おうかと思います。これが役に立つかはわかりませんが、なんとなく安心できるのでお守りのような感じですね。


※早速電池を購入して使い始めています!

 

まとめ

 

アメリカで自分を守るために3つのことは最低でも守ること

1. 夜は極力外出を控え、外出時は車から出ない。車の窓も開けない。ガソリンスタンドでの給油は夜間は避け明るい時間に済ませること。

2.英語が苦手な人は誰かに話しかけられたらNoと答えること。得意な人でも状況によってはNoと言うこと。

3.相手をキレさせると銃トラブルが起こる可能性があるので、グッと我慢する。

常識ある行動をして入れば犯罪に巻き込まれることはほとんどない。

 

よかったら参考にしてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事:
✴︎アメリカのモールで高級車が当たるくじ 危うくScam詐欺の被害者に!
✴︎Facebookの個人情報流出が怖い 知っておくべき設定の変更方法
✴︎フロリダ州の身分証明書 Driver License OfficeでステートIDの取得方法
✴︎トランプ大統領 パリ協定からの離脱を表明 誰にでもできる3つのエコ活動