配車サービスを使い続けて気づいた Lyft(リフト)と Uber(ウーバー)の違い

 アメリカでまだ車を持っていない私たち夫婦は、外出の際は配車サービスを利用します。

以前に配車サービスのLyft(リフト)とUber(ウーバー)についてご紹介しましたが、提供しているサービスに違いはほとんどありません。

それでも、何度も利用しているうち特徴や違いに気づき、最近では目的に応じて使い分けています。

LyftとUberの違いについて利用者の目線から紹介したいと思います。

 

 

 

Lyft(リフト)の乗車料金の方が安い

 

夫が駐在しているマイアミにある会社は、本社ということもあり出張者が多く、従業員は空港からの移動にリフトやウーバーを使用しています。
(領収書は、事前に登録したメール アドレスに自動的に送信されるため、紛失することがなく提出にも便利です)

多くの出張者が口を揃えていうのが、ウーバーよりリフトの方が料金が安い場合が多いということ。

実際にサービスを利用する際、両社を比較すると、同じ目的地でもリフトの料金が安くなる場合がほとんどです。

 

 

Uber(ウーバー)のナビシステムの方が優れている

 

リフトは料金が安いのですが、道の間違いが頻繁に起こります。

原因は運転手のスキルではなく、リフトのナビゲーションシステムがイマイチであるためだと思います。

リフトやウーバーが開発したナビゲーションシステムを、運転手と私たち利用者が共有しながら移動します。

最近では、Googleマップを併用して間違いを減らす努力をしているドライバーを見かけます

 

実際にあった道の間違え

アメリカにはフリーウェイという、信号のない無料の道路があります。出口を間違えると次の出口まで遠く、かなりの遠回りになることがあります。

夫の上司宅に伺う際にリフトを利用しました。

フリーウェイで道を3回も間違えて、25分で到着する予定が50分以上かかり遅刻しました。

s__6996082

 

もちろんウーバーの運転手も道を間違えることはありますが、道の間違いが多いのはリフトの運転手です。

 

我が家の利用履歴からドライバーが道を間違えた回数をカウントしました。

ウーバー  2回(計29回利用)
リフト  11回(計48回利用)

 

道の間違いにも長距離から短距離まで様々なので、この数字だけで判断するのは難しいですが、参考にしてください。

 

道の間違いは料金の調整が可能

ドライバーが道を間違えた場合、料金の調整をリクエストすることができます。

乗車後にスマートフォンでドライバーを1〜5で評価すると、トラブルの報告する画面が出て来ます。

 

残念ながら必ず払い戻しができるとは限りません。

長距離の道の間違えを修正してもらえなかったことがあるので、最近はリクエストすらしないことがほとんどです。

17506404_10208407927025784_1609517998_n 

 

 

まとめ

 

リフトもウーバーも提供しているサービスは非常に似ていますが、リフトは価格が安く、ウーバーは道の間違えが少ないことが違いなので、目的によって使い分けをオススメします。

急いでいない場合は料金が安いリフトを利用し、アポなどで時間通りに行きたい場合は道を間違える確率が低いウーバーを利用します。

目的に応じて使い分けることがポイントですね!

 

 

タクシーや公共交通機関を利用するときも同じですが、あらゆるトラブルの可能性を想定して、早めに移動するように心がけることが重要です。

リフトもウーバーも大変便利で気に入っているので、これからも利用して行きたいと思います。

関連記事もよかったらどうぞ!
✴︎安い!早い!簡単!「Lyft」と「Uber」のメリットとデメリット
✴︎フィリピンで「Uber」に乗ってみた!5つの乗車料金の違い
✴︎配車サービスのウーバーやリフトをお得に乗車する5つの方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク