B判定以上で駐在先企業がMBAの学費の8割を補助 フロリダに1年以上在住で割引も

マイアミに駐在中に夫がアメリカでMBA(Master of Business Administration 経営学修士)を取得しようと考えています。

 

アメリカ駐在先企業で従業員の学費を年間$5,000まで補助 いよいよMBA取得へ 」の記事で紹介した通り、

駐在先の企業が年間$5,000まで学費を負担してくれると知り、夫が担当部署に相談に行ってきました。

S__8986644

すると、条件を満せばさら高額の援助が受けられることを知りました。

今日は、アメリカでの学歴と夫が駐在しているアメリカの会社の福利厚生について紹介したいと思います。

 

 

 

アメリカで必ず聞かれる経歴

 

アメリカでは学歴で収入や仕事が決まるほど、学歴や資格が重要で、初対面でも質問されることがあるほどです。

先日、マイアミのアパートで懇親会がありました。管理人が食事とワインなどの飲み物を用意してくれたこともあり参加者が多く、日付が変わるまで話をしました。(私は夫の横で話を聞いてうなずくだけでしたが)

 

このような懇親会などの場で仲良くなると、日本では年齢をさりげなく聞きますよね? アメリカでは、学歴と職業です。無職の私はこのような会話は苦手です。

お話をさせていただいた住人は、パイロット、医者、大手企業の重役など、皆さん凄い経歴でしたので、余計に無職であることが辛かったです。みなさん、ビジネスでのコネクションを求めて経歴を聞いているような気もしました。

 

 

学歴の話になった時に大事なこと

 

私も仕事について聞かれ、

「夫の駐在で1ヶ月前に日本から来ました。今は就業許可の申請中で仕事はしていません。」

と答えると、「前の仕事は何?」「大学の専攻は?」と必ず聞かれます。

 

日本で学歴の話題になることはあまりないですよね?

アメリカに住むのであれば、仕事と大学の専攻は英語で説明できるようにしておく必要があると思います。

 

 

仕事の面接ではないので、学歴に自信がない人は話を盛って乗り切る方法でもいいと思います。私のように、自分の話はさらっと流し、相手に質問する方法もあります。

 

大事なのはどんな自分であっても堂々と話をすることです。

アメリカでは控えめな人より積極的な人が評価されますし、なぜか日本人というだけで評価が高く、皆さん尊敬してくれます

 

懇親会で、日本人というだけで、たくさん褒めていただきました。特に日本に滞在経験がある人からの評価は絶大です

 

日本人=仕事熱心=約束を守る=親切=素晴らしい

と、多くの人は思っているようで、日本人の評価が高いので、自信を持って話をすれは、自然と人は集まってきます

Screen Shot 2017-03-26 at 4.42.47

 

 

成功者は学び続ける

 

懇親会で驚いたのが、仲良くなった20名ほどのうち、社会人学生が8人もいました!

 

アメリカの大手自動車メーカーで管理職として働いている間にMBAを2つ取得し、その後、看護師の資格を取るために転職しマイアミに引っ越した40代の男性がいました。

その後、夫婦で大学に通い始め、学業に集中するために二人とも仕事を辞めたそうです。

夫婦で管理職として働いていたのに、キャリアを捨てて、畑違いの分野に挑戦しようとするチャレンジ精神が素晴らしいですね。

 

アメリカでは、成功者で富裕層であればあるほど、社会人学生の割合が多いと感じます

優秀な人や成功者は学び続けるので、社会人になっても大学に通って学びたいと思うのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

B判定以上で学費の8割が補助される

 

懇親会でますますMBA取得の意欲が高まった夫は、会社の担当部署に相談に行きました。

アメリカ駐在先企業で従業員の学費を年間$5,000まで補助 」の記事で紹介した通り、会社が年間で$5,000(約57万円)も学費を負担してくれるというのです。

 

詳しい話を聞いたところ、なんと、成績がB判定以上であれば、会社が学費の8割を補助してくれるというのです!

今検討している大学は、MBAの2年間の学費$50,000(約570万円)なので、8割の$40,000も負担してもらえるとなると大変助かります。

夫は余裕でB判定は取れると自信満々ですが、大丈夫でしょうか。

 

MBAというのは、何年かマネジメントポジションでの職務経験を積んだ人が、キャリアアップを目指して受講する場合が一般的です。

つまり、アメリカの管理職相手にB判定以上を取らなければいけないので、簡単ではないと思いますが、応援しましょう!

 

日本の通信制の大学で、いかに楽をして卒業するかを日々考えている自分が情けなく感じることがありますが、まずは挑戦することが大切ですよね!

通信制の大学
単位を落とさない方法と良い成績を取る方法

 

 

フロリダに1年以上在住で学費の割引がある

 

フロリダ州は大学の学費が安くて有名だと言われたそうですが、それでも日本と比べたら高額です。

嬉しいことに、フロリダ州に1年以上在住すると、学費の割引を受けられる場合があるようです。

割引率は大学により異なるため、自分で確認をしなければいけません。

 

夫の会社では、駐在員が学費補助の申請をするのが初めてのようで、細かい規定については、後日回答をもらうことになりました。

 

来週大学の見学に行くようなので、私も同行しようと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク