アメリカの生卵は危険! 生でも食べられる殺菌処理されたPasteurized Eggsを見つけた

夫は生卵が好きで、特に卵かけご飯が好物です。

私は生卵と納豆の組み合わせが大好きです!

日本人にとって生活の一部となっている生卵ですが、アメリカでは卵を生で食べる習慣がなく、食べてはいけないと言われています。

夫が卵かけご飯が食べたくて、仕事に集中できないといい出しました・・・。

駐在でこれから何年もアメリカで生活するので、早いうちにこの問題を解決しようと、色々と調べてみました。

S__8945667

 

 

 

 

アメリカ人は生卵を食べない

 

アメリカ人は、半熟卵は食べますが、卵の生食は浸透していません

日本在住のアメリカ人が、納豆より生卵の方が気持ち悪いと言っていたので、私たちが想像する以上にアメリカ人は生卵が苦手なのかもしれません。

 

アメリカで生卵というと、私が大好きだったアメリカNBCのTV番組「Fear Factor」を思い出します。

$50,000の賞金のために、生きた虫を食べたり、女性が坊主にさせられたり、生きた巨大ゴキブリを口で移動させたり、とにかく信じられないことにチャレンジしていきます。

この番組で、ダチョウの生卵を食べるチャレンジがありました。

Fear Factor で取り上げられるほど、アメリカ人にとって生卵を食することは恐怖でしかないようです。(さすがにダチョウの生卵は私でも無理かもしれません)

Fear FactorのYouTubeサイトに、思わず目を覆いたくなるような映像がたくさんありますので、興味がある方はどうぞ!

 

 

アメリカの卵のパッケージに注意書きがある

 

我が家では、オーガニックの卵を買っています。

S__8945668

写真上の卵は12個入りで約 $4 、下の卵は約 $5 です。

オーガニックではない卵は、12個入りで $1.50 ぐらいからあります。

 

オーガニックであれば、生で食べられる気がしますが、スーパーマーケットの卵売り場の人に聞いてみると、やはりオーガニックの卵は生で食べることはできないようです。

S__8945669

 

両方の卵のパッケージには、安全に食するための Safe Handling Instructions の注意書きがありました

S__8945671

注意書きを訳してみます。

To Prevent illness from bacteria: keep eggs refrigerated, cook eggs until yolks are firm and cook foods containing eggs thoroughly.

バクテリア菌の感染を防ぐために: 卵は冷蔵保存し、調理の際には黄身が完全に固まるまで加熱し、また卵を含む料理も完全に火が通るまで調理すること。

S__8945670 

 

さすがに生では食べてはいませんでしたが、完全に火が通るまで調理をしないことが何度かあったので、謎の腹痛と下痢は半熟卵が原因だったかもしれません。

 

 

なぜアメリカの卵は生で食べられないのか

 

アメリカでは卵を生で食べる習慣がないため、卵を殺菌をしないことが多いようです。

卵のパッケージの注意書きにある、バクテリア菌というのは、サルモネラ菌のことです。

日本ではサルモネラ菌の消毒をしています。

アメリカの卵の衛生管理がズサンなのではなく、日本は生で卵を食べるためにサルモネラ菌の消毒を徹底し、特殊な管理方法をとっているようです。

日本では、鶏がサルモネラに感染しないよう、抗生物質を餌に混ぜたり、ワクチンを接種させたりしているようです。

 

 

Pasteurized Eggsは卵の生食が可能

 

アメリカでは、Pasteurized Eggs(殺菌卵)を生で食べることができるようです。

低温加熱で殺菌処理がされています

Pasteurized Shell Eggsと書かれている場合もあります。

 

 

Pasture Raised Eggsとは違う

 

Walmartのスーパーマーケットの卵売り場の人にPasteurized Eggsのことを教えてもらいましたが、私はPasteurizedという単語を初めて聞いたので混乱。

夫は、「Pastureだから、放牧されたってことだよ!」と言っていましたが、これは間違いです。

Pasture Raised Eggs = 放牧育ちの鶏の卵
Pasteurized Eggs = 低温殺菌された卵

危うく、放牧育ちの鶏の卵を買って、生で食べるところでした。

よくよく考えてみれば、日本の養鶏場は小さなカゴのケージで鶏を育てていることが一般的だと思うので、放牧育ちであればサルモネラ菌がないという考えは間違っています。

同じ間違いをする人はいないかもしれませんが、一人でも多くの日本人が救えればと、参考までに書いておきます。

低温殺菌された生で食べられる卵は「Pasteurized Eggs」です。ご注意ください。

 

 

Pasteurized EggsはPマークが目印

 

私が教えてもらったPasteurized Eggsのブランドは「Davidson’s Safest Choice®」です。

safeeggsfoodservice.comによると、卵の殻に押された青いPのスタンプが目印です。(2016年に赤色から青色に変わったそうです)

Screen Shot 2017-03-21 at 4.38.39

 

Davidson’s Safest Choice®は12個入りで $4 ほどで販売されています。

火をしっかり通して食べる卵は安いものでいいという場合は、殺菌処理をされたPasteurized Eggsと普通の卵の両方を買って、使い分けるのがいいかもしれません。

万が一、どちらの卵かわからなくなってしまっても、Pのマークがついていれば一目でわかりますね!

 

 

Davidson’s Safest Choice®を販売しているお店の検索

 

残念ながら、私たちが行ったウォールマートでは取り扱いがないそうです。

ウォールマートのホームページで調べてみると、商品は出てきましたが、Item Not Availableとなっていました。以前は取り扱いがあったのかもしれません。

Screen Shot 2017-03-21 at 3.35.46

 

safeeggs.comで、Davidson’s Safest Choice®を取り扱っているお店を検索することができます。

Walmartより高品質の商品が多い「Publix Super Market」というスーパーマーケットでは取り扱っているそうなので行ってみましたが、残念ながら売り切れでした。

 

スポンサーリンク

 

今日は、夫にサプライズで卵かけご飯を用意したかったのですが、売り切れで手に入りませんでした。アメリカでも生卵が食べられることがわかったので、とりあえずは一安心です。

今日は茶碗蒸しでも作ります。

アメリカ在住の生卵好きの皆さんのお役に立てば幸いです。

 

スポンサーリンク

関連記事:

✴︎美容健康効果の高いタマリンド 食べ方とペーストで冷凍保存する方法
✴︎フォークス・オーバー・ナイブズが衝撃的! 健康に対する関心と不安が高まるDVD
✴︎アメリカで人気のスーパーフード フラックスシード(アマニ)で便秘解消