アパートの郵便受け マイアミに来て初めての郵便物が届いた

アパートの郵便受けは、1階の共有スペースにあります。

アメリカの社会保障カードSSNがアパートに届く予定なので、ここを通るたびに郵便受けを確認しています。

S__8749059

 

アメリカの郵便公社USPSの配達員が来ました♬

郵便物を郵便受けに入れる様子を見せてもらったら、アメリカのゴミ収集車並みにワイルド!雑と言うか乱暴です。笑

 

今日は、アメリカのアパートの郵便受けについて紹介します。

 

 

 

 

郵便受けに郵便物を入れる窓がない

 

日本のアパート同様に、各部屋の郵便受けがずらりと並んでいます。郵便受けには鍵がかかっていて、その鍵は住人が管理しています。

S__8749061

 

日本と違うのは、郵便受けに郵便物を入れる窓口がないことです。

S__8757253

では、配達員はどのように郵便物を入れるのでしょうか?

 

 

郵便局員は郵便受けの鍵を持っている

 

郵便受けに郵便物を入れる窓口がないアメリカのアパートですが、驚いたことに、郵便局員が郵便受けの鍵を持っているのです。

個々に開ける鍵ではなく、まとめて開ける特別な鍵です。

もの凄い勢いで、ドカンドカンと音を立てながら、乱暴に郵便受けを開けていきます。

1つの鍵で、郵便受けをまとめて開けることができます

IMG_2062

 

 

鍵のついた大きな郵便受けがある

 

入居した時から疑問に思っていたのですが、各部屋の郵便受けの他に、鍵のついた大きな郵便受けがあります。

郵便局員さんは忙しそうでしたが、思い切って聞いてみました。

 

郵便受けに入らないサイズの物は、鍵付きの郵便受けに入れ、その鍵を個人の郵便受けに入れてくれるそうです。

住人は、郵便受けに入っている鍵の番号がついた郵便受けを探し、荷物を取り出す仕組みです。

受け取ったら、鍵はそのままさしておきます

S__8757253

 

私が住んでいるアパートの場合、大きな郵便受けに入らない荷物や 受け取りサインが必要な特別郵便は管理人が預かってくれます。

24時間受け取りが可能なのでとても便利です。

スポンサーリンク

 

 

郵便ポストがアパート内にある

 

いくつか窓口があるボックスがあります。

Outgoing Mailと書かれていて、郵便ポストのことです

郵便局員が配達のついでに回収してくれます。投函するためにわざわざ外出しなくてもいいとは便利ですね!

S__8757254

 

 

初めての郵便物が届いた!

 

しばらく経ってから郵便受けを確認すると、私宛に初めての郵便物が届いていました! 待ちに待ったSSN社会保障カードです。

SSN取得についての記事はこちらから!

S__8749060 

 

 

どこのアパートでも、ほぼ同じ仕組みになっているそうです。

郵便局員さん、お忙しいところありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎アメリカでアパート契約の6つのステップ
✴︎アメリカでアパート契約 4つの注意点

✴︎米駐在妻は就労許可EADで合法的に就業できる EAD申請方法を詳しく紹介
✴︎アメリカ駐在員が同僚を自宅に招待する時に喜ばれる日本食
✴︎フロリダ州の身分証明書 Driver License OfficeでステートIDの取得方法
✴︎SIMフリー携帯電話でT-mobile契約 日本でネット使い放題のプランもある
✴︎駐在員が車なしでも快適な生活は可能か メリットとデメリット
✴︎安い!早い!簡単!リフトとウーバーのメリットとデメリット

日本でAMEXゴールドカードを持っていたのにアメリカのAMEXの審査に落ちた

アメリカでは社会的信用を得るために、良いクレジットヒストリーを作ることが非常に重要で、そのためにクレジットカードでの支払いが近道という話を紹介しました。
クレジットヒストリーの記事はこちらから!

先日、アメリカでクレジットカードの申し込みをしました。すると、審査に通らずクレジットカードを持つことができなかったのです。

今回申し込みをしたのは「アメリカンエクスプレス」。日本で利用していたカードと同じ会社で、途中からゴールドカードに変更し、計9年間も使いました。

なぜ審査に合格しなかったのか、理由を電話で聞いてみました。

 

 

 

年会費のかからないAMEX Blue Cash Everyday Card

 

今は無職ということもあり、今回はゴールドカードではなく、年会費のかからないBlue Cash Everyday Cardに申し込みました。

このカードを選んだ理由は、他社のクレジットカードと比較して、サービスや条件が良かったためです。

 

夫がアメリカで契約した他社のクレジットカードで、家族会員になる方法もありましたが、私のクレジットヒストリーを作りたかったため、別で申し込みをすることにしました。

Screen Shot 2017-02-25 at 6.46.26

 

日本のAMEXとアメリカのAMEXは別会社

 

日本のAMEXを解約していない状況でアメリカのAMEXのカードに申し込めば、審査は優遇されるそうです。確実に審査に通るわけではありません。

ただ、日本のAMEXとアメリカのAMEXは別会社なので、クレジットヒストリーは移行できないと言われました。

Screen Shot 2017-02-25 at 7.03.07

 

 

アメリカで専業主婦ではカード審査は通らない

 

日本のAMEXゴールドカードでしっかり支払い料金を返済をしてきました。

しかし、夫の駐在に同行し、専業主婦となった私は、アメリカではクレジットヒストリーもなく、ただ単に全く信用できない無職の外国人です。

さすがに、AMEXのオペレーターからは、そのような事は言われませんでしたが、無職ではAMEXカードの審査は通らないと言われてしまいました。

 

日本とアメリカのクレジットカードの情報が同じグループ会社であってもリンクされないということは、日本でクレジットカードの支払い滞納で、ブラックリストに載ってしまった人は、アメリカで一からやり直しができるということですね!

 

 

簡単に作れるクレジットカードに申し込み、途中で切り替える

 

AMEXのクレジットカードの審査を通過する方法があるようです。

審査が簡単なクレジットカードを取得し、クレジットヒストリーを作ってから、AMEXに再度申し込む方法です。

 

 

仕方がありません。夫が契約したクレジットカード会社にします。そこであれば、無職の妻もクレジットカードを持つことができるので。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎アメリカのクレジットヒストリーとクレジットカードを使う2つの目的

 

アメリカのクレジットヒストリーとクレジットカードを使う2つの目的

長期的にアメリカに住むのであれば、絶対に必要になるのが「クレジットヒストリー」。

クレジットヒストリーがないと、アパート契約ができなかったり、車のローンが組めなかったりすることがあります。

 

Screen Shot 2017-02-25 at 6.02.43

銀行員や駐在員などに教えてもらったクレジットヒストリーについて、わかりやすく説明します。

 

 

 

 

クレジットヒストリーとは

 

あなたが借金をしっかり返済し、金銭面で信用ができる人かを判断するものです。

アメリカでは銀行口座やクレジットカードの履歴など、お金に関するすことは、SSNソーシャルセキュリティーナンバー(社会保障番号)で管理されています

アメリカで生活する上で、良いクレジットヒストリーを作ることは非常に重要なことのようです。

 

 

良いクレジットヒストリーを作るには

 

お金を借りることでクレジットヒストリーを作ることができ、クレジットポイントが貯まります

え?借金をするの?と思うかもしれませんが、一般的な方法としては、クレジットカードを作りカードを使用することです。

クレジットカードを使用することで、借金をしたことになりますので、毎月必ず使用し、毎月必ず返済すれば、良いクレジットヒストリーを作ることができます

車の購入は、一括現金払いではなく、あえて銀行に手数料を払い分割払いにすることが多いようです。毎月返済をすることでポイントがたまり、良いクレジットヒストリーを作ることができるそうです。

 

 

クレジットカードを使用する2つの目的を覚えておくべき

 

①良いクレジットヒストリーを作り社会的信用を得るため

アメリカでクレジットカードを契約したら、使い方や返済履歴など、すべてSSNとリンクされ、一生あなたの記録として残ります。

綺麗で良いクレジットヒストリーを作れば、今後ローンを組んで住宅や車の購入をする際、手続きがスムーズです。借入金の手数料も安くなるそうです。

そのためには、毎月返済に無理のない額のカード利用が重要です。

 

②クレジットカード大国アメリカで不便のない生活を送るため

クレジットカード大国アメリカでクレジットカードを持っていない社会人はは、社会的信用がない人と一般的に判断されてしまうようです。

大学生はクレジットカードを持っていない人が比較的多いので、デビットカード(カード決済すると代金が即座に口座から引き落とされる)を利用しているそうです。

 

ホテルでクレジットカードがなければ信用されず宿泊できないケースはよく聞きます。

高額商品を現金で購入するなど、聞いたことがありませんし、怪しい人にしか見えません。

不法移民は、SSNがないのでクレジットカードもデビットカードも作ることができません。

 

渡米してすぐに、郵便局で$7程度の支払いを現金でしたところ、クレジットカードはないのか?現金で支払う人などいないですよ!と言われてしまいました。

私にお釣りを返すために現金専用レジまで行き、未開封の硬貨をあけ、時間がかかったこと。こちらが申し訳なく感じました。

 

数百円の支払いでもクレジットカードを使うことが多いアメリカです。

安全面も考えると、高額の現金を持ち歩く必要がないため、クレジットカードは非常に便利でなくてはならないものですね。

 

スポンサーリンク

 

早速クレジットカードに申込みをしてみましょう!

と思ったのですが、日本でAMEXゴールドを持っていた私が、アメリカのAMEXで審査に落ちました。その記事はこちら!

 

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎アメリカの信用共同組合Credit Unionで口座開設ができなかった 銀行との違い
✴︎アメリカCHASE銀行で口座開設 駐在員家族は現住所証明書類に注意
✴︎渡米したら一番にすること!ソーシャルセキュリティーナンバー 取得方法
✴︎日本でAMEXゴールドを持っていたのにアメリカのAMEXの審査に落ちた