アメリカの小切手 Personal Checks パーソナルチェックの書き方

日本で小切手を使う習慣はありませんよね。

アメリカでは、家賃、電気代、ガス代などの支払いを自動引き落としでするのではなく、毎月送られてくる請求書にパーソナルチェック(小切手)を返送するか手渡しして支払うのが一般的です。

以前ホームステイをしていた時も、小切手で支払いをしていました。

引っ越したばかりのマイアミのアパートの支払いも小切手です。

 

駐在員の妻として1週間前にL-2ビザで渡米しました。

EADという就業許可の申請準備をしていますが、申請料を小切手で払うため、早速小切手を準備をしてみました。

Screen Shot 2017-02-22 at 5.24.38

 

 

 

 小切手は銀行でもらうか購入する

 

銀行でチェッキング口座を開設すると、無料で数枚だけテンポラリーチェックをもらえます。すぐに使えるチェックのことです。

セービング口座ではもらえません。

 

家賃の支払いなどで数枚の小切手では足らず、小切手帳(Check book)が欲しいという場合は、無料でもらえるケースと数十枚でいくらと料金が発生する場合があります。

銀行によって異なります。

20年近く前にホームステイ代を小切手で支払っていた時は、銀行名は忘れましたが、小切手帳を購入していました。

スポンサーリンク

 

 

小切手の書き方

 

先日、銀行員にPersonal Checks小切手の書き方を教えてもらってきました。

アメリカのEAD就業許可の申請で、U.S. Department of Homeland Securityに$410を小切手で支払うので、こちらを例に小切手の書き方を説明します。
EADの申請方法はこちら

Screen Shot 2017-02-22 at 5.42.51

 

 

CHASE銀行の方に書き方を教えてもらいました。どの銀行でも記入方法は同じです。

S__8724496

 

①日付

月/日/年の順番です。順番が大事なので、下のどの書き方でもOKです。

2/21/07
02/21/2017
2/21/2017

NG: 2017/2/21 や 21/2/2017 など

 

②支払先

支払先の会社名や個人名を記入します。

 

③支払額(数字)

書き足しを防止するため、セント( .00)の記入をするように言われました。

$410を支払うので、$410.00 と記入します。

右側の余白には傍線を引けば、ほぼ書き足しは防げます。次のどちらでもOKです。

$410.00
$410.00ー 

NG:$410(セントの記入がない)

 

④支払額(アルファベット)

数字で支払額を記入する時と同様に、書き足されないよう、ONLY または ー を最後に書き加えます

Four hundred ten dollars only
Four hundred ten dollars ー

NG:Four hundred ten dollars(only も ー もない)

 

アルファベットでどのように書けばいいか分からない人は、こちらのサイトを参考にしてみてください。
数字をアルファベットに変換してくれるサイト

410と入力したら、four hundred ten と出てきました!これは便利!

Screen Shot 2017-02-22 at 7.05.19

 

⑤メモ

記入は必須ではありませんが、支払い内容などを記入することができます

例:ABCアパート123号室の8月の家賃 August rent for ABC Apt.#123

 

⑥署名

銀行の口座を開設した時と同じ署名です。

アメリカでは印鑑が存在しません。署名の筆跡が本人を証明しますので、使用しないチェックに、事前に署名をするのは避けた方がいいです。

 

その他注意点

書き間違えたら、シュレッダーやハサミで小さくして処分するか VOID を大きく書き、無効にする(二重線で消してはいけない)

郵送で送る時は、封筒や紙で二重にし、封筒の外から見えないようにする

鉛筆や消せるペンで書かない

 

 

お金のトラブルは避けたいですね。

忙しい銀行員に色々聞いてせっかく教えてもらったので、よかったら参考にしてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事:
✴︎夫の同僚のオススメ!「JPモルガン・チェース」の銀行員がフレンドリー
✴︎アメリカの信用共同組合Credit Unionで口座開設ができなかった 銀行との違い
✴︎アメリカCHASE銀行で口座開設 駐在員家族は現住所証明書類に注意
✴︎渡米したら一番にすること!ソーシャルセキュリティーナンバー 取得方法
✴︎アメリカのクレジットヒストリーとクレジットカードを使う2つの目的

アメリカのパスポートサイズの証明写真をウォールマートで撮ってきた

アメリカの就業許可EADを申請するため、必要な書類を準備しています。
EADの取得方法についてはこちら

アメリカのパスポートサイズの写真が必要なので、日本のコンビニで30円で証明写真を印刷しました。
コンビニで格安で写真を印刷する方法はこちら

でも、改めてU.S. Passports公式ページを見ると、何だかサイズが細かく指定されて不安になってきました。

写真のサイズが違っていて送り直しになると、申請が遅れてしまうので、アメリカの写真館で撮ってもらうことにしました。

Screen Shot 2017-02-22 at 3.55.11

show more

 

 

最寄りの写真館は、格安大型スーパーのウォールマートの写真館です。

S__8708108

 

パスポートサイズの写真が2枚欲しいことを伝えると、お店の人が、カウンターの奥の方に行ったので、ついてきました。

奥に写真を撮る部屋があるのでしょうか?

 

と思ったら、「お嬢ちゃん、こっちじゃなくて、そこで待ってて〜」と言われてしまい、

何と、撮影場所は、他のお客さんから丸見えのこちらでした!

S__8708113

 

以前別の記事で、スマートフォンで写真を撮影しコンビニで30円で印刷する方法を紹介しましたが、実は、アメリカにも同じようなサービスがあります。
コンビニで格安で写真を印刷する方法

ただ、EADの申請で、写真の撮り直しになるケースが多いと聞いたので、写真館の方が安心ですよね!

 

まだまだ心配要素はあります。

アメリカのL-2ビザの面接の時、前髪が眉毛にかかっていて、耳も見えていなかったので、写真の撮り直しをしました。
アメリカ大使館面接の記事

アメリカのパスポート写真には、そのような指定はありませんが、念には念を!

 

これで、心配は何もありません。眉毛も耳もバッチリ写ってます!

S__8716318

 

写真の仕上がりは普通です。良くも悪くもない普通の写真です。

価格は$7.44でした。800円ほどです。悪くないですね。

 

これで、全部の必要書類が揃いました!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

show less