オーガニックの年間出費額 アメリカは日本の8倍!

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、「オーガニック」農産物の需要が高まっているそうです。

オーガニックとは、栽培期間中に農薬や化学肥料を使わない農産物のことで、「有機野菜」や「無農薬野菜」などと言われています。

screen-shot-2016-12-08-at-8-01-07-pm

show more

show less

 

オリンピックの食品調達基準とは?

2012年のロンドンオリンピック以降、「食材調達基準」(フードビジョン)が決められ、その基準を満たす食材を調達するようになりました。

そこで、東京オリンピック期間中に、世界に誇れる高品質の食材を提供するために、今慌ててオーガニック食品の生産に向け動き出したのです。

 

世界と比較した有機食品の消費金額

明治大学のホームページから、驚きのデータを見つけました!

screen-shot-2016-12-08-at-6-46-15-pm
明治大学HPより

何と、アメリカの有機食品出費額は、日本の8倍です!!

日本は、一人当たりが1,040円は少なすぎです!日本では、まだまだオーガニックは一般的ではないことが分かりますね。

スポンサーリンク

 

健康オタクの夫は、オーガニック大国のアメリカで、オーガニック生活を満喫しています。

もし良かったら、オーガニックに関する他の記事もこちらからどうぞ!

 

スポンサーリンク