実は社会で高く評価されているのは通信制大学の卒業生?!

通信制の大学を卒業しても、大卒と認められず社会での評価が低いとか、笑い者にされるなど、通信制の大学に偏見を持っている人は少なからずいると思います。

私は短大を卒業し、社会人になってから通信制の大学に編入しました。

アメリカでは社会人の通信制大学の学生は高く評価されているようです。今日は、通信制の大学を卒業することがアメリカでどのように評価されているのか紹介したいと思います。

screen-shot-2016-11-30-at-6-51-27-pm

 

 

通信制の大学を卒業する難しさ

 

私はまだ通信制の大学に編入して2ヵ月ほどしか経っていませんが、学友の話を聞いて感じたことは、通信制の大学を卒業するのは容易ではないということです。

私の場合、3年次編入なので、最短2年で卒業が可能です。しかし、単位を落とさず最短で卒業できている学生はほとんどいないのが現状です。

もちろん、大学の難易度によって異なりますが、私が知っている限り、通信制の大学の卒業率は平均10%程度、高くても40%ほどのようです。

学友に、単位を落としたり、卒業が遅れている理由を聞いてみました。やはり、何と言っても仕事や家庭との両立の難しさが原因です。

科目数や難易度、個々の能力により異なると思いますが、私の場合、週に10時間ほどを学業にあてています。今の生活で、それだけの時間を作る余裕はなかなか無いですよね。

スポンサーリンク

 

 

 通信制大学の卒業はアメリカで就職が有利

 

夫はアメリカで働いています。その会社の人事課に配属されている夫の友人から興味深い話を聞きました。

アメリカでは、通信制大学の卒業者の評価が高く、就職の際に有利になるというのです。

理由は、通信制大学の卒業者は、仕事のパフォーマンスが非常に高いと評価されるようです。

 

 

通信制大学卒業者は会社で高評価

 

1.時間管理の能力が長けている

タイムマネージメントができない人は、通信制の大学は卒業できません。特に、最短で卒業したい人にとっては必須能力です。

仕事と勉強を両立できているわけですから、時間管理が得意なのは納得です。

 

2.挑戦する意欲がある

通信制の大学を卒業することは、並大抵の努力ではできません。少なくとも、私の学友やクラスメイトにはズルい怠け者はいません。皆さんエネルギーがあって輝いています。

そして、社会人や子育てをする主婦が、これだけの挑戦をしているのですから、仕事で新しいことに積極的に挑戦できるのは納得です。

 

3.責任感がある

与えられた仕事に最後まで責任を持って取り組むことができ、いい結果を出せるのが通信制大学の卒業者のようです。

大学でスクーリング(キャンパスでおこなわれる授業)を受講した際、グループワークをしました。その時に、クラスメイトに一番感じたのが、責任感の強さです。どれだけ仕事が多忙でも、グループの宿題を優先して、早めに終わらせるスキルと気持ちの高さ!脱帽です。

仕事で責任感があると評価されるのも納得です。

 

私は卒業まで、まだ長い時間がかかりますが、この話を聞いてモチベーションが上がりました。

日本では、通信制の大学の評価がまだ低いかもしれませんが、アメリカのように評価されるのは時間の問題だと思います。

 

関連記事:
✴︎大学のGPAはアメリカ就職で重要 通信制大学でC判定が出てしまった 
✴︎B判定以上で駐在先企業がMBAの学費の8割を補助
✴︎通信制大学の新学期で履修登録が始まった 単位習得と履修登録
✴︎通信制大学の成績開示 単位を落とさない方法と良い成績を取る方法
✴︎通信制大学の成績 頑張っても頑張らなくても成績に大して差は出ない
✴︎通信制大学から学生証、教材、JR学割証が届きました
✴︎通信制大学 面接授業「スクーリング」のメリットとデメリット
✴︎通信制の大学を選ぶポイント 学費全て込み込みは安心
✴︎通信制大学の教科書がもったいない!買取サイトで売ってみた
✴︎通信制大学の印刷物の多さに驚き!1ページを1円以下で印刷する方法
✴︎海外でお得な学生身分証明書「国際学生証ISICカード」を申請してきた
✴︎アメリカの通信制大学は普通の大学より学費が高くて驚いた
✴︎証明写真をコンビ二で2枚〜4枚で30円で作成する方法
✴︎実は社会で高く評価されているのは通信制大学の卒業生?!
✴︎アメリカ駐妻が海外赴任中にやるべき5つのこと
✴︎
夫は米MBA取得に向け準備 私は通信制大学から入学合格通知