メンター研修③ 本物のメンターの姿とは

「メンター(支援者)」や「メンタリング(指導方法)」などという言葉が流行りだし、「偽メンター」多く存在しているそうです。

「起業しています。成功しています。多くのメンティー(支援を受ける人)を育ててきました。全力でサポートするので一緒に頑張りませんか?」
などと言っている人は怪しい。。。。

show more

偽メンターの可能性が高いです! 

 

今日は、日本クラブメンターの研修で、本物のメンターの姿について学びました。

研修の内容だけを読みたい方はこちらからどうぞ!
カテゴリー別「メンター研修」

screen-shot-2016-11-14-at-4-28-51-pm

 

相手にどう接するかよりも、相手の前でどう生きるか

いつでも、どこでも、誰に対しても、同じ態度でいる人」が本物のメンター!

例えば、「上司の前ではいつもニコニコしているが、一緒に食事に行き、レストランのウェートレスに酷い態度を取る人」は偽メンターです。

 

一番大切な物を一番大切にできる

言っている事とやっている事が伴っていない人はいますよね。

例えば、会社で「家族が一番大切です」といい顔をしておきながら、仕事を優先にしていたり、仕事が終わっても友人と積極的に外食するような人は、偽メンターです。

一番大切な物を一番大切に扱うことができる人!それが本物のメンターです。

 

決めることを決められる

常に目標に向かって取り組んでいる人! 目標がない人は偽メンターです。

「会社の売上を5年以内に倍にする!」とか、「社員が、世界一素晴らしい会社だ!と思ってもらえる会社を作る!」などと言っている社長であれば、本物のメンターです。

何となく働いている社長に魅力を感じませんよね。

 

あなたが本物のメンターになるために

例えば、あなたは旅行代理店に勤務しているとします。

自分の役割を明確にし、目標を立てます。
「お客様に素晴らしい旅行を提案し、お客様を笑顔にすること」と目標にしたとします

その目標達成に必要なこと。。。
それは、「まずは自分が笑顔になること」

自分が笑顔になる、有効的な方法は。。。
それは、「自分以外の人(同僚や家族など)を笑顔にすること」

 

例えば、市民マラソン大会に参加し、他のランナーに声をかけ励ますと、結果、自然と自分が元気になります。そして、他の人もその元気で、元気になるのです!

他の例では、優秀な生徒を沢山作りたいと願う教師であれば、あなた自身がまず優秀になる努力をすれば(優秀になれば)、生徒も優秀になります。

つまり、「相手に何かをしてもらうとき、まず自らそれをやってみる」ことだそうです。

このようなことが自然と出来ている人が、本物のメンターだそうです。





show less