安い!早い!簡単!配車サービス「Lyft」と「Uber」のメリットとデメリット

 「Lyftリフト」や「Uberウーバー」という名前を聞いたことがある人が増えてきたと思います。

「Lyft」も「Uber」も、ほぼ同じシステムで運用されています。

私が利用した「Lyftリフト」についてお話をしたいと思います。

 

 

「Lyftリフト」や「Uberウーバー」って何?

海外旅行に行って、特に観光地などで、料金メーターを使用せずに法外な料金請求をされた経験はありませんか?

日本のタクシーが素晴らしいことから、日本人の多くは疑うことすらせず、被害に気付くことも少ないでしょう。

しかし、海外では「タクシーの遠回り」は普通に行われていますよ。

 

そこで、「Lyft」や「Uber」は、スマートフォンのアプリを利用した「格安ライドシェア、配車サービス」を始めました。

一般人が空き時間と自家用車を使い、タクシードライバーのように、移動手段を提供するサービスです。

日本では、2014年から東京の限られた地域で「Uber」のサービスがはじまりました。

個人的に、日本のタクシーは世界一安心で安全なので、日本のタクシー業界を保護するため、日本ではサービス拡大は控えてあげてほしい。

ただ、海外では絶対に利用すべきです!画期的なサービスです。

 

「Lyft」や「Uber」の7つのメリット

1. 利用が簡単で語学力不要

スマートフォンにアプリをダウンロードし、簡単な登録で利用ができます。

Lyftリフト 」 「Uberウーバー

 

必要なのは「3つのステップ」だけです。

ステップ1.行き先のリクエスト
ステップ2.乗車
ステップ3.自動支払い

screen-shot-2016-11-11-at-1-38-00-pm

 

マイアミでLyftを利用した際、多くのドライバーは英語が話せず、コミュニケーションがほとんどとれませんでした。

でも、言語は不要です。全く会話をしなくてもいいからです!

利用者もドライバーもアプリで同じ情報を共有しているので、利用者がリクエストした目的地は、ドライバーも分かっています

 

2. 運賃が安い

海外で、「料金メーターを使用しない法外な請求」や「遠回りによる高額請求」など、もう心配はありません!

現在地と目的地を入力し、乗車前に目的地までの料金が確認できるのです。

タクシー料金の2/3程度で利用できます

タクシーで遠回りをされることを考えれば、最短距離で走るLyftやUrberは、半額以下の料金になる可能性もあります!

 

乗車中も安心です。
「Googleマップのナビ」に似た画面をドライバーを共有します。
ナビ通りドライバーが運転し、利用者も自分のスマートフォンで確認ができます

 

さらに、履歴リストから利用料金やルートなどの詳細を確認することができ安心です

s__7602203s__7602204s__7602206

 

「ライドシェア」というのもあり、同じ方向に移動する他の利用者と相乗りするサービスです。

時間はかかりますが、料金はさらに安くなります。

 

3. リクエストが簡単で早い

海外で、タクシーを捕まえるのは難しいですよね。

でも心配ありません!
LyftやUberは、スマートフォンのGPS機能を使って、近くにいるドライバーを自動で探してくれます

乗車までの待ち時間も分かります。ほとんどの場合、数分で来てくれます。

朝の7時にホテルから空港まで利用した際、Lyftにリクエストし、早朝にもかかわらず、3分でピックアップに来ました!それだけドライバーが多いのですね!

 

ドライバーが利用者がいる場所まで来てくれるので、現在地を説明する必要がないので楽です。車が画面の地図上を動いているのが見えます。

ドライバーの連絡先がわかるので、必要であれば電話やメッセージで連絡を取ることも可能です。

 

写真の通り、待機中の車を確認することができます

s__7602202

一台ずつクリックし、好きな車種やドライバーを選んでリクエストすることも可能です。通常は、最も近くにいるドライバーをLyft側が自動的に選びます。

 

4. ドライバー情報や評価が分かり安心

評価の悪いドライバーは、すぐにクビになってしまうようなので、どのドライバーも良い接客を心がけています。

ドライバーの写真や名前などの登録情報と一緒に、「ドライバーの評価」も事前に確認できます

乗車後、利用者がドライバーの評価をします。ドライバーは、評価が下がるとドライバーとしての資格を失うので、サービスがものすごくいいですよ!

空港までLyftを利用した際は、重たいスーツケースを丁寧にトランクにいれてくれました。今までアメリカで利用したタクシーやバスの運転手は、スーツケースを投げ入れるのが普通でしたので驚きました。

 

5. クレジットカード払いで簡単

タクシーは、急いでいたり、荷物が多かったりするときに利用しますよね。そんな時に、支払いで財布を取り出し、時間をかけて支払いをするのは避けたいです。

LyftやUrberは、支払いは全てクレジットカード決済になります。

会員登録をする際に登録したクレジットカードから乗車料金の支払をすることになります。 領収書は、利用後にメールで送られてきます



6. 高級車に乗れることもある

Lyftのドライバーの車は比較的高級です。古く、汚い車は見たことがありません。

メルセデスベンツ、BMW、アウディなどにも乗りました。

待機中のドライバーの情報は、スマートフォン上で確認ができるので、車種も選ぶことができます。

高級車を選択した場合、追加料金がかかることがあります。

s__6955127

 

 

 

 「Lyft」や「Uber」の3つのデメリット 

1. ドライバーによる犯罪

過去に、インドのドライバーによる強姦事件、アメリカのドライバーによる誘拐事件などが発生しています。

LyftやUberでなくても、通常のタクシードライバーでも同じような事件は起きますので、海外にいるときは、どのような状況でも気を緩めず、自分のみは自分で守ることを忘れてはいけません

 

2. トラブル時の補償なし

LyftやUberは、ドライバーと利用者を仲介業者です。万が一、事故に巻き込まれた場合、保障はしてくれません

交通事故は、運転手がいくら気をつけていても、避けられないことがあります。

海外旅行中に利用される方は、旅行保険に加入することを忘れないでください。

 

3. キャンセル時のペナルティー料金

操作ミス等で、リクエストをキャンセルしたい場合、5分以内であればキャンセル料が発生しません。

5分以上経過しキャンセルした場合、地域により異なりますが、ペナルティー料金は、$6〜$10程度です。

「Cancel Ride」のボタンでキャンセル依頼をし、「Confirm」でキャンセルの意志の再確認が入るので、間違えてキャンセルすることはないので安心して下さい。

また、依頼後、無視する「No Show」をすると、$5(ニューヨークは$10)が請求されます




個人的には、Lyftを大変気に入って利用しています。

私たちが気をつけているのは、「ドライバーと車種が正しいか、確認してから乗車する」ことです。

ぜひ皆さんも利用してみて下さい。

 

関連記事:
✴︎配車サービスを使い続けて気づいた リフト とウーバーの違い
✴︎フィリピンの配車サービスウーバー 5つの乗車料金の違い
✴︎アメリカで駐在員が車なしでも快適な生活は可能か
✴︎配車サービスのウーバーやリフトをお得に乗車する5つの方法