シカゴ国際空港の無料Wi-Fiを使ってみた

日本からマイアミまでは直行便が無いため、シカゴで乗り継ぎです。

今回は3週間の滞在ですが、すごい荷物になってしまいました。空港で計ってみたらカバン4つの合計が55キロ!!

s__7872518

 

 

乗り継ぎでシカゴ空港に到着しました。

アメリカの西海岸はアジア人が多いのに、この空港にはビックリするほどアジア人が少ないですね〜!

 

荷物のピックアップとチェックイン、入国手続きを済ませました。

搭乗時間まで2時間半もあったので、プライオリティパス(世界の700ヶ所以上の空港ラウンジを利用することができるカード)を使おうと思ったら、持ってくるのを忘れていました。泣

無料のWi-Fiを使って暇つぶしをすることにしましょう。

 

 

アメリカの空港の無線Wi-Fi事情

 

空港ラウンジを利用しなくても、最近はアメリカのほとんどの空港で無料でWi-Fiが使えるので本当に助かります!

ハブ空港と呼ばれている拠点空港は、必ずWi-Fiを提供しています

例えば、
・ニューヨーク州の 
ジョン・F・ケネディ国際空港
・カリフォルニア州の ロサンゼルス国際空港、サンフランシスコ国際空港
・フロリダ州の マイアミ国際空港

・イリノイ州の シカゴ・オヘア国際空港

など、まだまだアメリカのハブ空港は存在します。

 

 

シカゴ空港の無線Wi-Fi事情

 

シカゴ国際空港は、無料で30分Wi-Fi使用ができました

スマホで30分、パソコンで30分、計60分もインターネットを使いました。時間つぶしには十分ですね!

 

 

シカゴ空港の無線Wi-Fiの使い方

 

スマホのWi-Fiをオンにし、パスワードのかかっていないWi-Fiを選択します。

下の写真は空港でのスクリーンショットではないので、全てロックがかかっていますが「鍵マーク」が付いていないものは、パスワードなしで使用できるものです。

s__7872517

 

すると、このような表示が出てきました。途中まで、日本語表記でしたよ!

「無料30分」を選択します。

img_8144

 

スポンサー企業「Lyft」の宣伝です。
別の記事「配車サービスLyftとUber」

Wi-Fiを無料で使って、ついでにLyftの「$10割引クーポン」も付いてきます!とありますが、クーポンも欲しい方は 「Yes! I’ll get Lyft…」をクリックしてください。ただ、アプリをダウンロードするなど、面倒な手間がかかります。

私は、インターネットが使用できればいいので、「No thanks. I’ll watch an ad…」を選択しました。

img_8145 

たったこれだけで30分無線のWi-Fiが使用でき、30分経過すると、自動的に接続が切れます。

同じ端末では2回利用できないので、次はパソコンで同じ方法で接続し、インターネットを使わせてもらいました。

 

無料でWi-Fiが使えるスポットを探したり、Wi-Fiを使うためにレストランやカフェを利用するのは面倒という方は、海外で使えるWi-Fiを使うのもいいかもしれません。

Wi-Fiのレンタルは以前と比べて随分安くなりました!!Wifiレンタル

 

では、そろそろ搭乗時間です。マイアミまであと3時間!行ってきます♫

 

関連記事:
✴︎SIMフリー携帯電話で米T-mobileのプリペイド契約 1ヶ月から契約可能
✴︎マイアミ国際空港の無料Wi-Fiを使ってみた

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク