日本のトイレは世界一!アメリカに来てすぐに日本のトイレが恋しくなる

乗り継ぎでシカゴの空港に到着し、早速トイレを利用しました。

ん〜、すでに日本のトイレが恋しい〜!

世界一といわれている日本のトイレが 普通だと思っている私達にとって、海外に行って誰もが不便に感じるのがトイレではないでしょうか?  

 

screen-shot-2016-09-08-at-4-35-17-am

 

 

トイレの隙間  

 

アメリカの公衆トイレでまず驚くのが隙間です。上にも下にも、そしてサイドにも隙間があります。

私が特に気になるのがサイドの隙間です。

思わずトイレの中から写真を撮ってしまいましたが、こんなに隙間があるんですよ!

img_8146   img_8148

 

隙間の理由は薬物やレイプなどの犯罪防止のためです。

鍵をした時に緑から赤に変わるような機能はありません。

中の人の足が見えますので、使用中なのか一目でわかるので必要ないですね。

 

 

ウォシュレット

 

アメリカの公衆トイレでウォシュレットを見た事はありません。

日系のホテルにはありますが、20年前のウォシュレットのようなシンプルな機能がついているだけのものです。

トイレに入ると自動で蓋が開く機能は日本では一般的になってきましたが、アメリカではまだ見たことがないですね。

ウォシュレットはセレブの間で大人気で、現地のTVでも紹介されていたので、今後一般的になるのかもしれません。

 

 

温かい便座  

 

アメリカには便座を温める機能が無いので、便座に座るとき、特に寒い時期は覚悟が必要です。

特に、公共のトイレの便座は非常に冷たいです。

公共のトイレに温かい便座を付けてしまったら、快適で温かく、ホームレスが寒さを凌ぐために住み着いてしまいそうですね。 

 

 

音姫

 

トイレでのプライバシー音を消し、無駄な水の削減にも貢献してくれる音姫はアメリカでは見たことがありません。

日本人と違い、アメリカ人はトイレでの音を全く気にしないので、彼らには必要のない機能かもしれません。

大きい方も思いっきり勢いよく出しています。用を足すのは自然のことと考えているので、音を消すためにトイレの水を流す人はいません。

 

「日本のトイレは世界一」というより「日本のトイレは日本人に最も合っている」が適切かもしれません。

アメリカのトイレはアメリカ人に最も合っていて、 ハンカチを持ち歩く習慣がないため、ペーバータオルが常備されています。

最近は環境を気にしてか、ハンドドライアーが設置されているトイレが目立つようになりました。

 

アメリカのトイレは、日本と比べて良いところもありますね。



シカゴ国際空港の無料Wi-Fiを使ってみた

日本からマイアミまでは直行便が無いため、シカゴで乗り継ぎです。

今回は3週間の滞在ですが、すごい荷物になってしまいました。空港で計ってみたらカバン4つの合計が55キロ!!

s__7872518

 

 

乗り継ぎでシカゴ空港に到着しました。

アメリカの西海岸はアジア人が多いのに、この空港にはビックリするほどアジア人が少ないですね〜!

 

荷物のピックアップとチェックイン、入国手続きを済ませました。

搭乗時間まで2時間半もあったので、プライオリティパス(世界の700ヶ所以上の空港ラウンジを利用することができるカード)を使おうと思ったら、持ってくるのを忘れていました。泣

無料のWi-Fiを使って暇つぶしをすることにしましょう。

 

 

アメリカの空港の無線Wi-Fi事情

 

空港ラウンジを利用しなくても、最近はアメリカのほとんどの空港で無料でWi-Fiが使えるので本当に助かります!

ハブ空港と呼ばれている拠点空港は、必ずWi-Fiを提供しています

例えば、
・ニューヨーク州の 
ジョン・F・ケネディ国際空港
・カリフォルニア州の ロサンゼルス国際空港、サンフランシスコ国際空港
・フロリダ州の マイアミ国際空港

・イリノイ州の シカゴ・オヘア国際空港

など、まだまだアメリカのハブ空港は存在します。

 

 

シカゴ空港の無線Wi-Fi事情

 

シカゴ国際空港は、無料で30分Wi-Fi使用ができました

スマホで30分、パソコンで30分、計60分もインターネットを使いました。時間つぶしには十分ですね!

 

 

シカゴ空港の無線Wi-Fiの使い方

 

スマホのWi-Fiをオンにし、パスワードのかかっていないWi-Fiを選択します。

下の写真は空港でのスクリーンショットではないので、全てロックがかかっていますが「鍵マーク」が付いていないものは、パスワードなしで使用できるものです。

s__7872517

 

すると、このような表示が出てきました。途中まで、日本語表記でしたよ!

「無料30分」を選択します。

img_8144

 

スポンサー企業「Lyft」の宣伝です。
別の記事「配車サービスLyftとUber」

Wi-Fiを無料で使って、ついでにLyftの「$10割引クーポン」も付いてきます!とありますが、クーポンも欲しい方は 「Yes! I’ll get Lyft…」をクリックしてください。ただ、アプリをダウンロードするなど、面倒な手間がかかります。

私は、インターネットが使用できればいいので、「No thanks. I’ll watch an ad…」を選択しました。

img_8145 

たったこれだけで30分無線のWi-Fiが使用でき、30分経過すると、自動的に接続が切れます。

同じ端末では2回利用できないので、次はパソコンで同じ方法で接続し、インターネットを使わせてもらいました。

 

無料でWi-Fiが使えるスポットを探したり、Wi-Fiを使うためにレストランやカフェを利用するのは面倒という方は、海外で使えるWi-Fiを使うのもいいかもしれません。

Wi-Fiのレンタルは以前と比べて随分安くなりました!!Wifiレンタル

 

では、そろそろ搭乗時間です。マイアミまであと3時間!行ってきます♫

 

関連記事:
✴︎SIMフリー携帯電話で米T-mobileのプリペイド契約 1ヶ月から契約可能
✴︎マイアミ国際空港の無料Wi-Fiを使ってみた

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク